1月19日14年今日の糧

d0224356_2154519.jpg
1月19日14年今日の糧
マルコ2章13-17
DR.Jが手当します。

1.イエスの日々
イエスはまた再びガリラヤ湖のほとりに来た
    群衆がイエスのもとにやってきた
イエスは彼らを教えている
出かける 来る 受け入れる 教える
    そんな出来事が 繰り返されている

2. レビの日々
自分の テリトリにただ座っていた
   徴税人-ユダヤの同胞には嫌われている
イエスのまなざしは、彼を必要としている人を必要とされる
「恐れるな、わたしはあなたをあがなう
    あなたはわたしのもの わたしはあなたの名を呼ぶ」
(イザヤ43:1)

3.イエスの召命
イエスの召命-人のありのままの中から
•  漁をしている。-シモン、アンデレ
•  網を繕っている-ヨハネ、ヤコブ
•  銭勘定の最中-マタイ
•  主の弟子を殺すため走る-パウロ
「わたしに従いなさい」と声をかけるイエス

4.神の食卓に着く群れ
• レビは、主の群れをもてなした。
  徴税人や罪人である異邦人と
  それらを忌み嫌っていた人々 が同じ食卓で、
イエスの教えに耳を傾けている
それは神の国のすがた

4.食卓の光景
•イエスに救われた信仰者の目からすれば
•マタイが開いた食卓は来るべき神の国、
地上の教会を映し出す光景だった。
•しかし救いを必要としない人にとっては、
忌むべき光景となった。

5.誰のためにイエスは来たか
「正しいものはいない 一人もいない」(ローマ3:10)
「人はみな、罪を犯して神の栄光を受けられなくなって」(ローマ3:23)
イエスはすべての人のために来た。
弱い人々にとって、薬であり
疲れ、落胆した人にとって旅路の糧です。
必要な人にはいつでも無償の愛で手当をされます。
私たちも人を愛する共同体となっていく。
[PR]

by hiraoka-joyful | 2014-01-19 21:54 | トピックス | Comments(0)  

<< 14年1月26日今日の糧 教会案内Q&A >>