21014年2月9日今日の糧


d0224356_14392321.jpg


手を伸ばせば
マルコ3章1-6

イエスのかけ声
「立て(EGEIRE) 真ん中に」

手の萎えた人には福音として響き
ファリサイ人には宣戦布告と響いた。
後の十字架の死につながった。

会堂の真ん中
神の言葉、律法がある。―その中心の掟
マルコ12:29-31
イエスはお答えになった。「第一の掟は、 心を尽くし、精神を尽くし、思いを尽くし、力を尽くして、あなたの神である主を愛しなさい。』 第二の掟は、これである。『隣人を自分のように愛しなさい。』この二つにまさる掟はほかにない。」
イエスは命をかけて片手の萎えた男を愛した。

善を行う
マルコ10:18
「神おひとりのほかに、善い者はだれもいない」
礼拝の中で私たちは、神の圧倒的善を受ける。
神は解き放つ-他者を妬み、陥れようとする、死すら願う心から
私たちはへりくだって神の御前に立つ。これが善を行うこと。

命を救うこと
マルコ8:35
「自分の命を救いたいと思う者は、それを失うが、わたしのため、また福音のために命を失う者は、それを救うのである」
10:45
「人の子は仕えられるためではなく仕えるために、また、多くの人の身代金として自分の命を献げるために来たのである」
イエスにとって
 「命を救う」ことは、「命を献げる」
 「命を救う」ことは「命を失う」決断。

謙虚で柔和な心が、神のこころと響き合う。
•マタ11:29
わたしは柔和で謙遜な者だから、わたしの軛を負い、わたしに学びなさい。 そうすれば、あなたがたは安らぎを得られる。

立ち上がり、手を伸ばす群れ
•イエスは私たちを真ん中に立たせる。
 私達が疲れ、萎え、時には神の恵みを味わえなくなっていても。
 命がけの愛で私たちを下支えする。

手を伸ばす-イエスに向かって
恵みに向かって、命に向かって、いやしに向かって。
人々に向かって。
[PR]

by hiraoka-joyful | 2014-02-09 14:44 | トピックス  

<< 2月16日14年今日の糧 20142月2日今日の糧 >>