3月9日14年今日の糧

d0224356_14224443.jpg
マルコ3:31-34
イエスの家族

イエスの身内の人々
人間の存在-人間関係の中にある。

イエスにも家族、友人、隣人がいた。
 イエスは家族を大切にしていた。ヨハネ2:3
イエス肉親の家族とは別の立ち位置にいる。

愛した息子が
身内の者­-イエスのことを聞いて取り押さえに来た
あの男は気が変になっている
理解を超え、恐れていた。
ナザレのイエス ルカ2:52

すでに時は満ちた、
すでに神の御心はイエスを突き動かし続けていた。
すでにイエスは新しい立ち位置に立っていた。


大勢の名もない人
だれが、イエスの側にいるのがふさわしいか
   肉親か
    他人の大勢の人か
イエスの目はどこに向いているか
イエスの傍らで、教えを聞いている人か
肉親の方か

かけがえのない家族
イエスは家族を愛し大切にしてきた。ルカ2:51
イエスは確信をもって家族を愛した。マルコ7:10、13

イエスと母、兄弟との関係
ヨハネ19:25-27
母と新しい関係を持とうとされた。-信仰にある
ヤコブは後にキリスト者として死ぬ
 -彼も新しい関係をもつ。信仰によって

イエスが紡ぎ出す新しい関係
人間関係という横のつながりの中
 神と人との関係をつないでいく
彼が愛した母、兄弟、姉妹も踏み出すことを願って、
「わたしの母、わたしの兄弟とはだれか」 という。

肉親であろうとも神の与える救いに入らない。

新しいイエスの母、兄弟
イエスの家族
  イエスを愛しイエスの言葉に耳を傾けている人
イエスが見る家族=教会
       イエスの下に座っている人々。
       イエスを自らの主とする人々。
       イエスの御言葉を聞く人々。
       イエスが家族とされている人々。
•詩編133:1
  見よ、兄弟が共に座っている。なんという恵み、なんという喜び。

御心を行う人
イエスの周りに座る人々
 弱さや、苦しみ、痛みを持つものの集団。
 何よりも、先ず、イエスの下に座ること。

新しく紡ぎ出される家族
家庭-神が与えたもの
人間の罪によって崩壊し
「ホーム」というものを形成できない。
人の絆は非常に弱くて脆いものとなった。

イエスの新しい絆-イエスの命によって結ばれる
  イエスが無条件で愛してくださることを信じる絆。
  共に希望を持ち、共に働くものとなる。
[PR]

by hiraoka-joyful | 2014-03-09 14:24 | トピックス | Comments(0)  

<< 3月16日14年今日の糧 3月2日14年今日の糧 >>