4月27日14年 今日の糧

d0224356_15463624.jpg
マルコ4:21-25
ともし火や秤の使い方。

譬えでなく例として
「種を蒔く人の喜び」「神の国の秘密」「恵みの計算式」
 神の国について記した
伝えているものがいかに大切か 
灯火は燭台の上に
光が部屋中を照らすようにする

悪事は露見するのか
 人は最後に、神の前に立たなければならない。
諺と灯火の例=新しい意味
 灯火は燭台の上に置かれ、公にされるためにある。

隠されている神の国
光が多くの人に見えなくなっている。
イエス
=大工の息子、ナザレのイエスであり、十字架につけられた犯罪人の姿。
復活=人間の理性では受け入れ難い
それを納得できるのは、信仰によってのみ ヨハ 8:12

ともし火が来る
光が全く見えなくなった。
 イエスの十字架の死。
神の愛が輝だし、イエスに新たな命を与えた。
 イエス・キリストがもう一度この世に来られる
  あらわになる神の裁きを、希望をもって生きる

聞くべき耳
イエスを、信仰の目をもって見つめる。
神の言葉が私たちの中でいのちをもつ。
御言葉に耳を傾けている人々
 神のみこころをおこなう家族。
 父の声を喜んで聞く。 父は子の祈りを聞く
イエスが語ることの中に、
 神の国が示される。
私たちの生き方、命、救いに関わる
 言葉はただ一つ

Aわたしたちへの問い
イエスの言葉を、耳を傾けて聞いていますか。

どのような秤でみ言葉を聞くか
人の持つ秤
 人のことばを、自分の秤で量って、価値があるかないかを判断する。 
神が備えた秤
 神様のみ言葉を聞く時の秤
み言葉を聞けば秤は広がる
悔い改めの思いをもって
マルコ1章15節
「時は満ち、神の国は近づいた。悔い改めて福音を信じなさい」
悔い改めること
 =神に立ち帰って赦しを求める
d0224356_15465559.jpg

[PR]

by hiraoka-joyful | 2014-04-27 15:47 | トピックス  

<< 宣教開始50年記念感謝礼拝 4月20日14年イースター 今日の糧 >>