5月4日14年 宣教開始50年記念感謝礼拝 今日の糧

平岡ジョイフルチャペルの伝道開始50周年記念を祝して
「想起と展望」
小林洋一(2代目牧師:1968-78年) 
 平岡ジョイフルチャペルの伝道開始50周年記念、心よりお祝いを申し上げます。これまでの神の助けと救いの業を想起して、現在の自己を吟味し、将来を展望する。これは聖書の教えに適うことです。
 50年という歴史をもつ平岡ジョイフルチャペルは、これまでに様々な経験を積み重ねてきました。つらいこと、悲しいこと、楽しいこと、嬉しいこと、悩むことがありました。
 この教会への関わりも、人により時間的・物理的に様々だと思います。私は10年間でしたが、長い方は伝道開始当初から関ってこられました。
 今は目に見えない方々の、この教会との献身的な関わりもまた忘れることは出来ません。あの人、この人、この地上の馳せ場を走り抜かれて、今は神の懐にある愛する人たちのことです。お一人お一人の尊い献身的関わりを思うと胸が熱くなります。
 思えば、これまで、50年間、この教会に本当に様々な人たちが献身的に関わって来られました。しかし、その最大の関わりをして来られた方もまた目には見えません。そして、その方の関わりなしには、この教会は存続できませんでした。その方とは主なる神、そしてイエス・キリストです。平岡ジョイフルチャペルは主なる神の教会、イエス・キリストの体なる教会、聖霊による御霊の実を結ぶ教会(ガラ5:22)です。それ以上でもそれ以下でもありません。
 この教会が50年前、イエス・キリストの言葉に貫かれた教会を作るために、イエス・キリストの十字架と復活をその身に帯びた教会を立ち上げるために献身の熱情に燃えて出発したことを思います。 50年ということで、私たちは一つの区切りをつけますが、「初心忘れるべからず」です。主なる神が引き続き私たちの手の業を祝して下さることに期待し、70年周年、100年周年に向けて前進したいと思います。

d0224356_20523651.jpg
d0224356_20525052.jpg

[PR]

by hiraoka-joyful | 2014-05-04 20:56 | トピックス | Comments(0)  

<< 日高龍子牧師就任、按手式 5月... 宣教開始50年記念感謝礼拝 >>