8月30日14年今日の糧

創世記1章31節
「人間、良いもの悪いもの?」

神(かみ)さまが1日に二度も「見て、良し」とされたのは、だい何日目でしょうか?
こたえー 「3日目」(創1:9-12)
1:10 神は乾いた所を地と呼び、水の集まった所を海と呼ばれた。
 神はこれを見て、良しとされた。
1:12 地は草を芽生えさせ、それぞれの
種を持つ草と、それぞれの種を持 つ実をつける木を芽生(えさせた。 神はこれを見て、良しとされた。

神さまが一度も「見て、良し」とされな かったのは、だい何日目でしょうか? 
こたえ 「2日目」(創1:6-8)
6 神は言われた。「水の中に大空あれ。水と水を分けよ。」 
7 神は大空を造り、大空 の下と大空の上に水を分けさせられた。そのようになった。
8 神は大空を天と呼ばれた。
 夕べがあり、朝があった。 第二の日である。
「空と海の創造」(第2日目)=大空による水の分割
d0224356_14572672.jpg


 第6日目における「良かった」
1:24 神は言われた。
「地は、それぞれの生き物を産み出せ。家畜、這うもの、地の獣をそれぞれに産み出せ。」
そのようになった。1:25 神はそれぞれの地の獣、それぞれの家畜、それぞれの土を這うものを造られた。 神はこれを見て、良しとされた。その後人が造られた。

水を分けた時と人間の創造の時 良しのことばはなかった。
なぜならどちらも神の目から見て 良い方向への働きと、悪しき方向への働きの可能性を秘めているからだ。例えば分けられた水は時に自然災害をもたらす。
また人間も善も悪も選びとる存在だ。
人は、その生きざまや有りようによって、良しとされるかどうかが問われ続けるのです。
d0224356_14571264.jpg

[PR]

by hiraoka-joyful | 2014-08-31 15:01 | トピックス  

<< 9月7日14年今日の糧 8月24日14年今日の糧 >>