9月28日14年今日の糧

思いを継ぎ命を繋ぐ
創世記49章29-33
ヨハネ9章1-3

今日の宣教は 教会の執事O兄でした。28年前、旭川バプテスト教会で信仰の
生涯を全うされたO兄の父君の信仰を、お母様と、ご自身が受け継いでおられます。
先日そのお母様を天に送られた時の証と共に、神の言葉の真実を語ってくださいました。
その一部をご紹介します。

キリスト者はイエス・キリストにならう者として生きてゆく。私たちはひとりひとりがイエス様を映し出す小イエスとして歩むことが求められている。このことはイエス様が直接お語りになっていることですが、それと同時にイエス様の生涯に起こった、クリスマス、十字架そして復活のみ業は、キリスト者の人生にも用意されているに違いないと考えるのです。
また逆に、人生の中で起こった大きな出来事は、それを十字架に象徴され、クリスマスに象徴されること捉えることによって、神の業として讃えられるものとなるのです。
d0224356_185501.jpg

中略
父は生前、私たち家族に直接に導きはせず、信仰はひとりで堅く守っていました。
しかし不思議なことに私の胸の中には、自分で聖書を開く前から、数多くのみ言葉が住み着いていました。その中で、いつもこれは実際父がはっきり口にしていました。「おまえたちに信仰は強制しないだけれど、オレは先に天国に行ったらキット、おまえたちの居場所も確保しておくからな」と、その言葉はヨハネ14章1-3節にあることを後に知りました。約束されていた場所に母が今落ち着いていることを、父を知りその後の母を知る私は確信しています。
そして皆さんにそのことを告げることができます。
d0224356_186671.jpg

[PR]

by hiraoka-joyful | 2014-09-28 18:10 | トピックス | Comments(0)  

<< 10月5日14年今日の糧 9月21日14年宣教報告礼拝今日の糧 >>