10月12日14年今日の糧

マルコ8:11-21
イエスからのしるし

ファリサイ人はしるしを求め、イエスを試みた。
そのことをイエスはイエスの言葉を聞かない人間の罪を深く嘆く。 
7章34節イエスが深く息をつかれた「呻く」と同じ言葉。
イエスに対立しようとするファリサイ人はマルコに以下のように出てくる。
Ⅰ非難する。①2章16節      罪人との食事、
②2章24節、3章6節 安息日の問題、
③7章1節       ユダヤ人の掟
 Ⅱ試す -神に対する罪(申命記6:16)
①8章11節     しるし=イエスの力
②10章2節     律法に対する知恵
③12章13節     ローマへの社会性
 
では弟子たちはどうか?
パンがなく弟子たちは慌てた。しかしイエスは慌てていない。(マルコ6:8)
「ファリサイ派とヘロデのパン種」に注意を促す。
ファリサイ人のパンだね=偽善(7章6節)
ヘロデのパンだね=真実に目をつぶる。
しかし弟子たちはイエスの言葉を自分勝手に聞いてしまう。
イエスと共にいながら、小さなトラブルが与えられた恵みを打ち消す。
イエスはエレミヤ5:21-24から弟子らが大切な神の恵みを見ず、
神の言葉を聞かない様を諭す。

では私たちが見つめるべきこと、聞くべきことは?
イエスを見つめる。
  信じる全ての人を呼び集る。
  必要な糧を与えて養う。
  その恵みは世界の全ての民に。
イエスに聞く。-恵みは相応しくない罪人に及ぶ。(マル 2:17 )
キリスト者は悟る群れではない。
d0224356_13444666.jpg

①聖書を読み続け、祈り続ける。  
②神を、互いを感謝するために礼拝する。
(招き、感謝の賛美、み言葉、応答の賛美、捧げもの、祝福と出発)
私たちは主の恵みを確認しながら生きる群れ。
d0224356_13451288.jpg

[PR]

by hiraoka-joyful | 2014-10-12 13:46 | トピックス  

<< 10月19日14年今日の糧 10月5日14年今日の糧 >>