11月30日14年今日の糧

「占星術師達の訪問」
マタイ2:1-12
今日はアドヴェント第一週です。
東方から来た礼拝者の姿を通して
異邦人でありながら
思いがけなくイエスを礼拝する者となった幸いを聞きました。

占星術師の学者たちは
「星占いの専門家」です。
   magos(単数)が元の言葉
    magi(複数) そして複数の人がおり
‎→‎magic(奇術、魔術) を行うものでした。
彼らは「ユダヤ人の王の星」に導かれ、エルサレムに来ます。
d0224356_14283593.jpg

この地で聖書に預言されていた
『ユダの地、ベツレヘムよ、
お前はユダの指導者たちの中で
決していちばん小さいものではない。
お前から指導者が現れ、
わたしの民イスラエルの牧者となるからである。』 ミカ5:1
を 聖書学者から伝えらます。
その後、彼らに先立って進む星を目指してベツレヘムへ行きます。
そこでイエスに会い礼拝します。
今、その場所であったと伝えられるところに、降誕教会があります。 世界中から人々がやってきて、2000年以上前のイエスの誕生に思いをはせています。
d0224356_14274090.jpg


d0224356_1428943.jpg

[PR]

by hiraoka-joyful | 2014-11-30 14:41 | トピックス  

<< 12月7日14年今日の糧 11月23日14年今日の糧 >>