12月28日14年今日の糧

祈りによらなければ
マルコ9章14-29節

山の上で三人の弟子は、イエスの栄光を見た。 (9:9-13)
イエスは、人間の救い、その決意をもって山を降りた。
山の下では悪霊が問題となり、人を苦しめていた。
弟子たちは悪霊を追い出せなかった。そして責められていた。
彼らは神の業を起こす自分の力に対して思い違いをしていた。
だから奇跡を起こせなかった時宣教の言葉を失った。
イエスは弟子達が祈らず、不信仰なのを嘆いている
しかしイエスはそれでも招いている。
「その子をわたしのところに連れて来なさい」。と
それは、彼らから真の祈りの言葉を引き出すため。
しかし子の父親はイエスの力に委ねきることを怖がっている。
なぜなら絶望したくないから。

怖れをもつ父親にイエスは宣言する
「信じる者には何でも出来る」。
それはイエスのこと
①真に神を「信じる者」
②父なる神さまに自らを委ねきっている者。
③神にゆだねつつ十字架への道を歩まれた。
④私達を導き、救いを与える方。
その宣言を受けて、父親はイエスに叫び、助け求めた。―これが祈りとなった。

神が私たちに与えて下さった祈り
①すべてを神様に委ねる。
②自分自身を明け渡す。
③神様の救いの確かさに生かされる。
④そこから神様の業が始まる。
教会で共に祈る事、それは教会に神の恵みを行きわたらせる心臓。
d0224356_1324561.png

信仰の創始者であるイエスを見つめて。
来る2015年 私たちは、共に祈りあい
支え合い 歩んでいきましょう。
平岡ジョイフルチャペル
d0224356_13263141.jpg

[PR]

by hiraoka-joyful | 2014-12-28 13:27 | トピックス  

<< 1月4日15年新年礼拝今日の糧 お菓子がたくさん イブのお茶会 >>