2月22日15年今日の糧

神が払った身代金
マルコ10章32-45節

次第に弟子らはイエスの前を歩むようになっていた。その結果
①イエスに近づく者を妨げる。
②イエスを叱る。
③イエスから離れる。
しかしイエスはそれでも福音の奥義を忍耐強く教える。
彼らは、多くの奇跡の業がなされた場所、神の国についての教えが語られた場所、
ガリラヤを去ってエルサレムへ向かってゆく。その時イエスは彼らの先頭に立つ。

エルサレムでは、弟子達への最期の授業がある。
「今=見よ
わたしたちはエルサレムへ上って行く」。
エルサレム そこは
①イエスを裏切る弟子      
②イエスを拒絶する弟子。
③死刑の判決を受ける
④異邦人から侮辱される
⑤十字架に引き渡される
      ―人間の罪が鮮明になるところ
⑥3日目によみがえる
      ―神の愛が全てを覆うところとなる。
d0224356_13413964.jpg

しかしこの最期の授業の最中でも、弟子らはイエスの真実が解らず
的外れな願いを抱く。
そのような彼らが、真の弟子となる事をイエスは望み見ている。
~彼らは後の教会となる群れだ
杯=イエスが受ける十字架の苦しみを味わい。
バプテスマ=死の中に沈められることを経験する。そして弟子らは変えられる。
そして、今もキリスト者にイエスは自分の後ろを歩めよと声をかけ続けておられる。
その歩みの中で
①神の愛を知る。
②愛しい者の存在を知る。
③聖書の真実を知る。
④イエスの真の栄光を知る。
⑤私たちの右側、左側に仕えるイエスを知る。
d0224356_1336080.jpg

[PR]

by hiraoka-joyful | 2015-02-22 13:44 | トピックス  

<< 3月1日15年今日の糧 2月15日15年今日の糧 >>