3月8日15年今日の糧 in タイ

 今日牧師は、西南大学神学部のK姉M兄と共にタイ国のアユタヤバプテスト教会の礼拝に出席しました。平岡ジョイフルチャペルの宣教はM先生でした。

「愛で出来た岩」
マタイ 7章24-27

世界遺産になっている古都アユタヤに一つの教会がある。十数年前までは礼拝に集う方もまばらとなり、教会堂は壊れかけていた。誰もがこの教会に未来はないと感じていた。しかし神は教会を愛し、ここに仕える方を一人、二人と集め、次第に礼拝人数は増えて行った。その中で会堂の大修築がされた。
2011年秋、タイ全土に雨が降り続き大洪水になり、アユタヤ教会も2メートルの水に一月つかった。しかし教会に集う者はもはや絶望しなかった。水につかった教会の姿を見たとき、彼らは、主なる神が再び教会のために何かの働きをしてくださると信じていた。そして困っている近隣の方たちのために手助けした。また色々な教会から食べ物、水、お金の助けが届いた。今、アユタヤ教会は洪水以前よりも多くの方が集まり、会堂もさらに広がっている。
d0224356_23485159.jpg


イエスがこの聖書の箇所で語ったたとえ話の真意がこの事実にあります。このたとえのとおり賢く生きようとしても、生ききれない私たちです。岩を削って土台を掘る力も持ち合わせていないかもしれません。しかしこのたとえを語られたイエスは、自らを私たちの土台に投げ出す覚悟で語られた。だからこのたとえを聞いた者は、イエスの言葉に内にある覚悟に、神の権威を感じたのです。
イエスは、私たちの巌です。その巌はイエスの愛の塊です。
その愛をもって、イエスは大水が来たとき、私たちが倒れてしまわないように、私たちの足元をしっかり支えておられます

d0224356_23493729.jpg

[PR]

by hiraoka-joyful | 2015-03-08 23:51 | トピックス  

<< 3月15日15年今日の糧 3月1日15年今日の糧 >>