4月12日15年今日の糧

実がならない季節でも
マルコ11章11-14節、20節


イエスはエルサレム神殿へ行くそこは
かつてイエスの父の家 だった。(ルカ2:59)
しかしすでに神の栄光が失われた場所となっていた。

イエスと弟子達の宿泊場所はベタニアだった。
その名は「貧しい人の家」、その村は貧しかっただろう。
しかし,イエスを愛する人々がいた。
次の日イエスだけが空腹だった。
~イエスは食べずに祈り続けたかのかもしれない。

イエスは葉の茂ったイチジクの木を見て実を求めたが、
その木に実はなかった。
イチジク~世界最古の栽培品種化された植物。
若葉が生え始め、最初の実をつける。  3月(イエスが実を求めたころ)
葉が出てくる。            4月~5月春
実の収穫時期       ①春から初夏6月~7月      
                ②秋の9月ごろ
長く実が生える植物。熟れてない実も滋養がある。
3年実がならない場合、切り倒される。

そのイチジクの木があらわす事
①神が愛した民、イスラエルの堕落。(ホセ 9:10)
d0224356_13295374.jpg

②神から身を避け自分の裸を隠す人間の罪。(創3:7 )

イエスは弟子らに神の国を教える授業をしてきた。
その時視覚教材を使う。
イチジク=真実な神に背く民は本来切られる運命。
弟子達の心にその光景が残る。
その後弟子たちは見る。誰が神に呪われたか?(申21:23 )( マルコ15:34)
それは神の救済の歴史がイエスにより完成した光景だった。
弟子たちは聖霊により知る。真の救いを。

イエス・キリストを救い主として受け入れた教会の群れはいま実をつける。
(ガラテア5:22、23)
d0224356_13301552.jpg

[PR]

by hiraoka-joyful | 2015-04-12 13:31 | トピックス  

<< 4月19日15年今日の糧 4月5日15年イースター今日の糧 >>