4月26日15年今日の糧

山が海に入る祈り
マルコ11章20-25


枯れたイチジクの木 を見つけたイエスと弟子達
本来なら若い実がある。しかし実を全くならせていないイチジクが。
根元から枯れていた。ペテロ~この現象を呪いという。
3日後大祭司の屋敷の中庭でペテロは呪いの言葉を吐く。
(マル 14:71 )
イエスは神に呪われた刑につこうとしている。
その時イエスとの関係を完全に断つ呪いの言葉を口にする。

しかし全ての出来事の中に真実な神を見つめる。
イエスは伝える。「持て 信仰を 神に対する」
十字架の死まで世を愛し抜き仕えたイエス。
このイエスのうちにご自身をあらわした。
私達の真実、アーメンは最後は滅びに向かう虚しい土くれ。

信仰=霊の実を結ぶ根幹。        
そこから幹を出し、実に繋げるのが祈り。
①真実な神を信じる者が少しも疑わずに信じて祈るなら、必ずその通りになる。
山が海にとびこむ。それは神の救済の出来事そのもの。
(ロマ 8:32 )~ここから祈りが始まる。
真実な神に手を開くこと
②祈ること、人の罪を赦すこと 、自分の罪を神様によって赦していただく
これらに結びつきがある。
この祈りの中で、
赦しの恵みをさらに深く知る。
真実な神をさらに深く信じる。
d0224356_14583932.jpg

2015年度の歩みは
福音の恵みに留まり
祈ってゆく教会。
祈りあい、
神が働いてくださったお互いの証を喜ぶ。
平岡ジョイフルチャペルへと。
d0224356_14591828.jpg

[PR]

by hiraoka-joyful | 2015-04-26 15:02 | トピックス  

<< 5月3日15年今日の糧 4月19日15年今日の糧 >>