5月10日15年母の日今日の糧

葡萄園の息子
マルコ12章1-12節


イエスは論争の中で、たとえ話 をする。
12章 ~十字架は2日後に迫っている。
イエスは何を伝えたいのか?
イエスが語ったのは葡萄園のはなし。
ぶどう園~ぶどう酒を造る
ぶどう園の主人は施設を整えた。(比イザヤ5:1,2,7 )
この預言の背景は神が愛したイスラエルの歴史
ではこのたとえ話の農夫たちは?
神が愛したイスラエルの民
主人は収穫の取り分を要求したが、農夫たちは主人の要求を拒否する。
主人の僕達を殺し続ける。
そこで主人=真実な神は
「愛するagaphton息子」を遣わす。(比マルコ1:11)
しかし息子もまた殺される。~ここまでは救いがない話。
このたとえは詩編118:22,23節で結ばれる。
神の慈しみを歌う詩。
民が悔い改めた時、真実な神の恵みと慈しみが彼らを導く約束。
「真実な神に礼拝する祈りの家」へ
隅の親石とは、
建物全体を支える土台の石
アーチの頂点に置かれる石
①イエスの十字架は避けられない。
②十字架こそ、真実の神の救い。
     
今キリストの教会は、葡萄園を与えられた者たちだ。
収穫のために何の功もない者だった者たちが。
イエス・キリストが開いた恵みによって真実の礼拝へ招かれた。
真実な礼拝を行う民として、私たちは
神を人生の主として受け入れて、
d0224356_13494992.jpg

賛美し、祈り、日々神の恵みを味わう。
d0224356_13501721.jpg

[PR]

by hiraoka-joyful | 2015-05-10 13:50 | トピックス  

<< 5月17日15年今日の糧 5月3日15年今日の糧 >>