6月28日15年今日の糧

ダビデが見た救い主
マルコ12章35-37節


「キリストはダビデの子」と律法学者は主張していた。
またダビデ王の再来とイスラエルの再興を伝え民衆を指導していた。
「キリスト」は神様が遣わす救い主だ。かれらはダビデの子孫にキリストが
生まれると信じていた。(イザヤ書11章1-2節)
ダビデはイスラエル王国の土台を築く王だった。
救い主キリストの預言。ダビデの子孫
「エッサイの株からひとつの芽が萌えいで/その根からひとつの若枝が育ちその上に主の霊がとどまる」。

しかしイエスは、それは間違ったキリスト信仰だと伝える。
詩編110編1節「イスラエルの神アドナイが、私のご主人様にこう告げた」
1)キリストはダビデの子ではない。
2)キリストはダビデの主である。

けれど 律法学者はイエスを認めず憎む。
彼らは自分にとって都合の良い救い主を求めていた。
ダビデの子キリスト=力強い政治的な指導者。それに対し
イエス=子ロバに乗る、平和の主。けれど民衆や学者が認める姿ではない。
このように救い主を判断することは、人間の根本にある罪。
1)救い主を自分の経験や知恵で捉える。
2)救い主像を自分の価値判断で描く。

ダビデは真の救い主を見る。
聖書はダビデの罪に満ちた生涯を伝える。(マタイ1:6 )
ダビデの家系に入り、イエスは人間の罪の歴史を引き受けた
ダビデ自身が聖霊を受けて救い主を告白している。
ダビデが見つめた救い主。
救い主を望む人々のために十字架へと進んで行く方。(ローマ1:3、4 )

d0224356_13114470.jpg
d0224356_1312131.jpg

[PR]

by hiraoka-joyful | 2015-06-28 13:12 | トピックス  

<< 7月5日15年今日の糧 6月21日15年父の日今日の糧 >>