7月26日15年今日の糧

イエスのことばは滅びない
マルコ13章28-31節

イエスはイチジクの木を指して神の時を映し出す譬えを語った。
聖書における物事の見方
物事の変化の先を見つめることを教えた。
これは神の国の出来事をどのように識別するかということだ。
d0224356_13435467.jpg

 その日の早朝イエスは、枯れたイチジクの姿を指して、大切なことを弟子らに伝えていた。(マルコ11:20-22)
その呪いの木はイエスの十字架であり。
苦難の底に来て下さる神が命の果実の最初となるのだ。(黙22:2)
福音書が書かれた時代の教会は苦難の中にあった。しかしイエスの十字架は全ての苦難を凌駕する神の救いの完成となる。(ローマ8:35-37)
(ヘブル13:12) その姿は絶望ではなく希望。だから、苦難の中でもキリスト者は神の国のために働いた。
「アーメンあなた方に伝える」。とイエスは神の真実をかけて語る。決して過ぎゆかない言葉を。
1)祈れ~
和解と平和の福音が実現してゆくことを。
2)委ねよ(真実な信仰)
~神に生きる事全てを
3)「決して過ぎゆかない信仰の基軸。
それを聞く者に、アーメンの言葉が教会の中に響いてくる。
イエスの十字架と復活その場所から
古い天地は過ぎ去って、新しい神の国が広がる。(二コリ5:17,18)
キリスト者は信仰の基軸をイエスの言葉に置く。
1)真実な神に信仰をもって祈れ。
2)あなたを愛する神に委ねて生きよ。
イエスもあなた方と共に生きる。
d0224356_13454682.jpg

[PR]

by hiraoka-joyful | 2015-07-26 13:48 | トピックス  

<< ジョイフルサマークラブ2015 8月1日(土)ジョイフルサマー... >>