10月4日15年今日の糧

聖書の言葉が実現するため
マルコ14節43-52節



d0224356_13422334.gif
イエスの弟子たちとの最後の時間は過ぎてゆく。過ぎ越しの食事では命と約束を与え、ゲッセマネの園では、「アッバ 父よ」の祈りを渡した。そしてイエスは暴力で彼を迎える者たちに、自分自身を次々に渡してゆく。
1)愛する弟子の手に
接吻は師と弟子の間の挨拶。特別な親愛のしるし。ユダはそれを裏切りの合図として用いる。イエスはその手に自分を委ねる。
2)自分を捕える者の手に
イエスは権力者とそれに命令された奴隷の手に自分を委ねる。その方耳を切り落としたペトロ、しかしそれを癒すイエス。(ヨハネ18:10)(ルカ22:51 )
3)自分を殺す者の手に
48節シュラムバノ抱え込む、把握する。
受胎告知の中で語られた言葉。(ルカ1:31)
イエスは、赦された罪人であるキリスト者と共にいる方。
自分達の弱さと絶望の場所に、イエスは先んじて待っておられる。

マルコは見聞きしたこと、自分の弱い姿を書き記す。この場所でイエス・キリストに出会ったから。
聖書は真実な神の出来事、神のもとを去った人間を求めて止まない愛を記す。
マルコはその成就を記す。

今聖書の言葉はイエス・キリストの教会の中に実現する。ここに神の愛の出来事が起きる。
d0224356_13432359.jpg

[PR]

by hiraoka-joyful | 2015-10-04 13:44 | トピックス  

<< 子ども祝福礼拝のご案内2015年 9月27日15年今日の糧 >>