11月29日15年今日の糧

神はどこまで下るのか
マルコ15章33~47節

イエスの十字架の死刑は見せしめでした。
そして暗闇が世界を覆います。それは人間のゆがんだ罪の闇でした。 
イエスは、十字架上で「わが神なぜ、わたしを見捨てたか」と叫びます。
それは神自身が人のうめき苦しみを担った叫びでした。イエス・キリストは
絶望を味わい尽くしました。けれどなお神を信頼し続けた叫びでもありました。
十字架には完全に父なる神を信頼しきった愛の勝利があらわれました。イエスの叫びは全世界、黄泉にまで届きます。そうしてイエスは神の息吹を後のキリスト者の群れへ吹きかけたのです。 

そのしるしとして神殿の幕がまっ二つに裂けました。こうして
1)神と人を隔てていた人間の罪が赦された。
2)神を「アバ父」と呼びかける。
3)どのようなことも父なる神に伝える。
4)私たちに希望の光が差し込んだ。
5)ともに礼拝をささげる群れとなる。
6)神がすべての人の父となることを選ばれた。
 
イエスの十字架だけが神の愛の真実を見せます。
愛されている子として生きる平安が私たちを満たすのです。
私たちはイエスの十字架と葬りを見つめ証人となります。
そこにわたしたち自身の十字架と死をみつめます。
このわたしたち一人一人を救いあげて、さらいあげてくださる。
イエスキリストを私たちの希望として、目の前に置き続けるのです。
d0224356_1334963.jpg
d0224356_13342231.jpg

[PR]

by hiraoka-joyful | 2015-11-29 13:34 | トピックス  

<< 12月6日15年今日の糧 11月22日15年今日の糧 >>