1月24日16年今日の糧

今日 牧師は北野キリスト教会での宣教でした。

百人隊長と神の権威

マタイ8:13 そして、百人隊長に言われた。「帰りなさい。あなたが信じたとおりになるように。」ちょうどそのとき、僕の病気はいやされた。
イエスは多くの病人を治しました。イエスの言葉には、命じれば嵐もそれに服従して静まりました。イエスの言葉は、世界を創造した真実な神様の言葉と同じ権威があるからです。この百人隊長は軍組織の中で生きてきて、"従わせる力を持った権威ある言葉"というものを、よく知っていました。隊長の命令が、配下の兵隊に対して権威があるからです。
同じように、イエス様が病気に「出ていけ」と言えば出ていく、イエス様が病人に「治れ」と言えば治る、それほどの権威がイエス様にあることを、隊長は信じたのです。
  そして、ここでとても大切なのは、権威というものは、秩序のために使われてこそ、そこに所属している人や環境を生かす。そのことをこの百人隊長がしっかりと知っていたことです。イエス・キリストがその権威を使うときも、自分自身や環境の乱れで苦しんでいる人の、乱れを直し、身体や心を癒すとともに、真実な神様を礼拝する者へと変えるために、神の権威を用いたのです。

 権威というのは威張り散らし、上に立つものが、そうでないものを虐げることではありません。
真実な神が働いている場所には、そこに所属している人や環境を生かすために、権威と秩序が働いているのです。
d0224356_13242720.jpg
d0224356_1325592.jpg

[PR]

by hiraoka-joyful | 2016-01-24 13:28 | トピックス  

<< 1月31日16年今日の糧 1月24日礼拝ゲストスピーカの... >>