2月7日16年今日の糧

捨てられた石が要石に
ペトロ手紙Ⅰ2章1~10節

ペトロはキリスト教会に集うものらに、二つのことを勧める。
まず友の中にイエス・キリストの愛(AGAPAO)を見るから。
まず以下のものを捨て続けるように。
1)すべての悪意   
2)すべてのごまかし 
5)すべての悪口   
4)妬み       
3)偽善    善人の役を演じる
これは、私たちを命がけで愛したキリストの愛を、教会に集う人々の中に見つける。
次に自分の中にイエス・キリストの愛(AGAPAO)を見るから。
純粋な(ADPLOS)混ぜ物がない―言葉の、霊的な(LOGIKOS)乳を
慕い求め続け成長しなさいと勧める。
1)神の言葉
2)神の霊

キリスト者は、真実な神は恵み深い~善いという体験をすでに味わっている。
(詩編34:7-9)
だからこそ生きる石イエス・キリストのもとに来続けるもの達だ。(詩編118:22 )
イエス・キリストは
1)人には捨てられた石
2)神には選ばれた石   十字架に至るまで人に仕える者として  
人生の隅の親石となり、その石にそって建てられる。

そうすればキリスト者もまた生きる石となる。
それは崩れてしまう神殿ではなく(マルコ 13:2)
キリスト者こそが神の家、神殿となる。
1、全てのキリスト者は、恵みの座に近づくことが出来る。
2、霊の「いけにえ」を、捧げる 

キリストの教会には、イエスという教会の要石がある。
だからこそ、神は教会(キリスト者の群れ)に住む。
d0224356_13403572.png
d0224356_1341236.jpg

[PR]

by hiraoka-joyful | 2016-02-07 13:42 | トピックス  

<< 大人のための歯科講習会 大人のための歯科講習会 >>