4月3日16年今日の糧

過ぎ去った時、今、待ち望む時
ペトロⅠ4章1~6節


ペトロはもう一度キリスト者の苦難の意味を伝えます。苦難はキリスト者を守る盾となり、キリスト者が罪と戦う鉾となることを、ペトロは記しているのです。それはいったいどういう事でしょう。
キリスト者は2種類の苦難を知っています。
キリスト者であろうがなかろうが経験すること。またキリストに従う中で受ける苦難です。 それには外側と内側からの苦難があります。
外)キリスト者がその群れである教会の外から受ける苦しみです。
内)さらに、キリスト者の群れ教会の中にある争いです。
イエス・キリストを愛している者はその苦難を通してキリストの十字架を近く覚えます。その時キリスト者が受ける苦難はただの苦難に終わらず、イエスの十字架をさらに思い起こす神の恵みの事柄となります。
ペトロは、この手紙を受け取る人々がかつてどのような生き方をしていたか、よく知っていました。彼らは奴隷の身分で未来に希望が持てないので、刹那的に生きていたのです。ペトロは、そのような生き方はもう十分と伝えています。
イエス・キリストに救われたわたしたちは今、聖霊の中でその一部として生きていることを、ペトロはしっかりと伝えています。私達は聖霊の中で生かされている。私達の苦難さえも、堅固な盾と鋭い鉾に変えて下さる真実な神の働きの中で、今日を生きているのです。

d0224356_1520611.jpg

    新しい学校 学年 善い日々を 

d0224356_15185580.jpg
<
[PR]

by hiraoka-joyful | 2016-04-03 15:23 | トピックス  

<< 4月10日16年今日の糧 3月27日16年イースター今日の糧 >>