4月24日16年今日の糧

d0224356_1553763.jpg
コヘレトの言葉3:1-11「全てのことには時(カイロス)がある」


「時は金なり」という諺を引くまでもなく、時を見極め、また時を支配することが、私たちの人生の成功、失敗を決める鍵だと考えられています。いわば、私たちが時を操り、時を支配しているというのが、私たちの常識です。
しかしユダヤの賢人は、「あなたが時を支配しているのではなく、時があなたを支配しているのだ」と伝えています。
「生まるるに時があり、死ぬるに時があり、
  植えるに時があり、植えたものを抜くに時があり、(中略)
  愛するに時があり、憎むに時があり、
  戦うに時があり、和らぐに時がある。」
日本語の「時」という言葉は、「紐を解く」と言った言葉から来ているそうですが、時というものはどんなに深い憎しみも、悲しみも少しずつ和らげる不思議な力があります。同時に人生の年月を重ねてくると、どうにもならない時というものがあることを、人は経験します。それは思いもかけない場面に来るし、人間にはままならないものです。しかし、この聖書の知者が知者たるゆえんは、単に定められた時があるということに気がついた事以上に、まさにその時を定めている方に目を注いだことにあります。時というものが運命や宿命などと言うものではなくて、私たちを作られた方によって、私たちのために最善に定められているのだというのです。だから時を定めておられる方に目を注ぎ、その方に全幅の信頼を寄せていこうというのです。
神は私たちを作り、私たちを導き、そしてご自身の御子をすら惜しまずに与えて下さった愛の神だからです。

d0224356_1512411.jpg

[PR]

by hiraoka-joyful | 2016-04-24 15:13 | トピックス  

<< 5月1日16年今日の糧 4月17日16年今日の糧 >>