12月25日16年今日の糧

クリスマスに平和を祈る

マタイによる福音書 第2章1-12節

 「なぜクリスマスにプレゼントをするのでしょうか」、その理由は今から二千年前の世界で最初のクリスマス、イエス・キリストが誕生した日にさかのぼります。「博士達の訪問」という物語に由来しています。この東方から来た人々は、今まで聖書を読んだこともありませんでした。彼等には星を見つめる洞察力と、多くのデーターに基づいて分析する力、地理や歴史に造詣が深く、その上真実を知るための行動力があったのです。博士としての素質を十分備えている者達でした。彼等がひとたび聖書の言葉に触れた時、もう迷いはありませんでした。そのような彼等に当方で見た星がまるで道案内のように進んでゆきます。

 そしてやっとその場所に着いて、家に入ります。その時彼等は見たのです。一人の幼子がその母と一緒にいる姿を。貧しい少女のような母、そしてちいさな赤子。でも彼等には分かりました。このことを、聖書は伝えていたのだと。

 かれらはそれを確信し、この見ず知らずの赤ん坊の前にひれ伏します。そして感謝一杯に神を礼拝します。それから王に捧げるために用意してきた贈り物を差し出します。

  けれどクリスマスに私達が本当に見つめるのは、博士達が差し出したプレゼントではありません。プレゼントを差し出されたイエスの姿です。この赤ん坊はなぜこの世界に生まれたのでしょうか。それはこの世界と私たち人間を創り、世界に神の平和が満ちることをいつも願い続けている神の愛を顕すためでした。

 黄金よりも人々の前で輝く方。没薬よりも人々を癒す方。乳香よりも人々の心に安らぎを与える方が、クリスマスのこの日に真実な神から私達に贈られたのです

d0224356_15185196.jpg
d0224356_15205293.jpg

クリスマス愛餐会です。


 


[PR]

by hiraoka-joyful | 2016-12-25 15:22 | トピックス  

<< 1月1日元旦礼拝今日の糧 平岡ジョイフルチャペル集会案内 >>