2月26日17年今日の糧

嵐の中の安心

マタイ1422節〜33

 弟子たちの舟は一晩中、逆風に悩まされ、漕ぎ悩んでいました。彼等の苦しみを祈りの中で受け止めたイエスは、弟子達のところへ行きます。イエスは湖の上を歩くほどに、彼等の元へ急いでいます。

しかしそのようなイエスを弟子達は喜ぶ事が出来ませんでした。狼狽や恐怖がイエス・キリストを幻影だと思わせました。イエスはそんな弟子達に「わたしだ」と語りかけます。これは真実な神が慈しみと憐れみを持って人間に近づくときの名前です。その慈しみは、「勇気を出せ」という言葉に現れています。

イエスの声を聞いたペトロが、それに反応します。イエスの言葉に応答するペテロは弟子の代表、そして教会に集う者の代表ともいえます。けれど風を見て恐ろしくなり、沈み始めます。その時ペトロの内側から、小さいけれど本当に輝く信仰が現れます。それはイエスに訴えたペトロの必死の願いです 

主よ

救え 

我を

 イエスはすぐに手を伸ばしてペトロの身体を掴みます。そして「信仰の薄い者よ、なぜ疑ったのか」と言われます。私たちが陥りがちなことは、疑うことです。私たちはイエスを見ながら、この世の現実も見ている者だからです。それが多くのキリスト者の信仰です。しかしこの信仰は疑いで揺らめいてはいるが信仰の輝きを保たれています。それは自分の弱さを隠さないで「主よ、私を救え」と叫ぶことに現れてくるのです。

イエスはペトロと共に舟に乗り込みました。するとあれほど弟子達を悩ませていた風が静まります。

弟子達はその時イエスを礼拝しました。波にもてあそばれ、風に翻弄されていた小さな舟が、礼拝をする場所に変わりました。私たちの信仰の歩みの中で、イエスは「勇気を出せ。わたしだ。恐れることはない」と語りかけています。 だからこそ週ごとに私たちは、感謝と喜びを携えて、この場で礼拝するのです。

d0224356_13152071.jpg

d0224356_13103819.jpg

        今日は礼拝後奉仕日でした。

           焼きそばが一段と美味しかった。


[PR]

by hiraoka-joyful | 2017-02-26 13:20 | トピックス  

<< 3月5日17年今日の糧 宮城県を訪ねて >>