4月16日17年イースター今日の糧

平安の中でおはよう

マタイ28章1〜10節  

 

ふたりのマリアが墓を見に来ています。ふたりは、イエスが十字架につけられているのを見ました。彼女たちは、イエスが墓に葬られるのを見ました。彼女たちはイエスのそばにいること以外に生きる方法を知りませんでした。そのことの故に、彼女たちがイエスの復活の最初の証人となるのです。彼女たちはまだ薄暗い中墓へゆきます。愛する先生を失って、これからどのように生きたらよいかわからず、暗い中、自分たちの足元に目をやりながら、彼女たちは墓の中に収めてあるイエスの亡骸の側にいることを求めたのです。

しかしその時、主の天使は石をわきにころがしました。人間が知恵を尽くし工夫した事を、その使いはいとも簡単に取り除けました。 恐れる彼女達に御使いは、イエスの出来事を伝えています。

1) イエスが十字架につけられたことを伝えています。

2)イエスが墓の中におられないことを話しています。

これをしっかりと見つめよと、主の使いは伝えているのです。これが福音=善い知らせです。

御使いは、女たちがこれから生きてゆく方向を伝えています。それは墓から出て行って、イエスを失って彼女達と同様、言えそれ以上に気落ちしている弟子たちのもとに行く事です。 また、彼女達も共にガリラヤに行って、イエスに出会うことです。その場所で彼らはよみがえられたイエス・キリストと共に、今度は迷いなく神の国の働きを担ってゆくのです。

彼女達は急いで墓から出て、弟子達が隠れている場所までかなりの距離を走ったのです。良い知らせを告げる者の足はなんと美しいか。彼女達は本当に美しかったでしょう。

この女性達に彼女達が一番会いたかった人が声をかけます。喜べという言葉です。「めでたいね」とイエスが挨拶されたのです。恐れながらも大いに喜んで走ってゆく女性達を、嬉しがってイエスがガリラヤに行く前に彼女達に会いに来たのです。

イエス・キリストの言葉を聞く私たちもイエス出会い続けます。その姿を見続けます。私たちは福音書であらわされたイエスの言葉の中に、イエスを見つけます。イエスを信じる教会の皆さんの中に起きる出来事の中にイエスを見つけます。

               

   

d0224356_13374051.png

                 
d0224356_13071950.jpg
        イースターおめでとうございます


 


[PR]

by hiraoka-joyful | 2017-04-16 13:09 | トピックス  

<< 4月23日17年今日の糧 イースターの喜び >>