5月14日17年今日の糧

バプテスマを受けよう

ローマ6章1−5

バプテスマにおいてだけが、イエス・キリストが成してくださった恵の業、十字架の死と葬り、甦りを私たちが追体験する時、場となります。

イエス・キリストと共に

水の中に沈められた時。=古い罪の生活に死んだ

水の中から現れたとき甦った。=新しい(フレッシュな)命を受けた

バプテスマは、私たちの過去を覆い、将来を変える。そして神の命へと向かわせます。

神は、バプテスマを授けられた一人一人を、キリストの十字架の死にあずかって罪に対して死んだ者として見ています。

本来バプテスマは全身を水に浸されるという仕方で行っていました。バプテスマを授かるとは、私たちがイエス・キリストにすっかり浸され、キリストと一つになることです。それは接ぎ木をするというイメージです。丁度イエスが自分を指してブドウの樹だと表現していますが、私たちはそのブドウの樹に接ぎ木される苗です。ブドウの樹であるイエス・キリストに繋がる全世界の25億人のキリスト者は、イエス・キリストと同じ芽吹きをし、同じ葉を付け、同じ実を実らせます。バプテスマによって、水の中でイエス・キリストの死を体験したものとして植えられたからです。イエスの十字架の死と同じ姿で植えられた苗木である私たちは、復活したイエス・キリストと同じ姿の木へと育っていくのです。バプテスマはその成長への出発点です。 私たちはもはや奴隷のように誰かに指図されて生きること、また明日の希望もなく生きることを止めます。自由な者としてイエス・キリストの助けによって自分の人生を切り開き歩むのです。

d0224356_15282282.png

d0224356_15270786.jpg
母の日のごちそうです。

[PR]

by hiraoka-joyful | 2017-05-14 15:34 | トピックス  

<< イエス様の学校 5月7日17年今日の糧 >>