5月28日17年今日の糧

接ぎ木された枝が実るとき

ローマ111924

ローマに住むキリスト者達はユダヤ人キリスト者のように旧約聖書の知識もありません。また他の教会のように明確な指導者もいませんでした。パウロの言葉で言えば、まるで野生のオリーブの樹のようでした。

 彼等は自分達の罪深さによって行き詰まり、そこで神を求めイエス・キリストを信じたのです。ですからローマにいる多くのキリスト者はイエスの歴史的背景も神の契約もよく分からなかったのです。そんな彼等にパウロは懇切丁寧にこの手紙を書いたのです。

そしてパウロが最も伝えたかったのは、ユダヤ人=イスラエルと異邦人は互いを活かし合い、互いに神の救いに預かるため存在することです。

イエス・キリストを受け入れることは真実な神が関わり続けた、ユダヤ人=イスラエルの背景や歴史、彼等が大切にしてきた文化を全て捨てる事ではありません。むしろ長年かけて神が慈しんだオリーブの樹である彼等と神との契約の上にイエス・キリストによる新しい契約が接ぎ木されたのです。そしてこの新しく育ってゆくイエス・キリストの幹だけが実を結んでゆくのです。独自の文化を保つことで、離散してもなおユダヤ人で在り続けた人々も、神の新しい契約であるイエス・キリストを受け入れるとき、その幹に繋がってゆく希望をパウロは持っているのです。

イエスを救い主と信じた異邦人キリスト者にパウロがきつく戒めていることは

1)高ぶるな

2)神を畏れよ

3)神の慈愛に留まれということです。

慈しみはクリストテース=親切という言葉で、クリスチャンという言葉と音が似ています。パウロ達の時代クリスチャンは親切でいつくしみ深いと語呂合わせのように言われていたのです。かれらは他者の側に立って、思いやり深く親切に生きる人々でした。異邦人キリスト者は自分達の富を用いてパウロ達を助け、また貧しいユダヤ人キリスト者を助けました。けれどやがて教会の中で民族的な対立が起き、異邦人キリスト者社会は広がり、権力を持ち始め、諸国に散らされていた小さなユダヤ人コミュニティを目の敵にし始めます。イエス・キリストが十字架に架かったのは自分の罪のためなのに、それを民族の問題にすり替えます。それがヨーロッパにおいて長いユダヤ人迫害につながり、やがてナチスによるユダヤ人大虐殺にも繋がったのです。

 第2次世界大戦後、キリスト教会ではこの歴史への悔い改めが始まりました。そして今ユダヤ人迫害の先鋒を切っていたカトリック教会は彼等との対話を始めているのです。

d0224356_13215571.jpg
今イスラエルに植えられてるオリーブの木

d0224356_13203844.jpg
                キャベツが良い彩りです。


[PR]

by hiraoka-joyful | 2017-05-28 13:27 | トピックス  

<< 6月4日17年今日の糧 5月21日17年今日の糧 >>