賛美礼拝(7月30日)のおしらせ

明日は賛美礼拝です。

特別賛美に大麻ベーネ・カルテットの皆様が奉仕されます。

また宣教は大久保法幸執事です。ご家族を愛し、イエス・キリストを愛し、自然を愛しておられます。北海道の山と海に精通し、版画、音楽等、様々な活動をしている方です。

                

d0224356_07032724.jpg

さて賛美礼拝の賛美とは何のことでしょう。

なぜ教会では賛美をするのでしょう。

神さまを賛美するのは、私たちの感動をあらわすことです

天地を創造された真実な神がおられる。その神が人々を愛して、大切なひとり子をこの地上に送った。その独り子イエス・キリストが、神の愛が解らずに神から離れた人々に、神の愛を知らせるために働いた。そして人を全ての苦しみから救うために十字架にかかり、死んでくださった。しかし死んで終わるのではなく、三日の後によみがえって天にのぼられた。 そしてイエスを信じる者の住まいを神の国に整えている。

  人がイエス・キリストを信じると、 その人はいままでの「生活」の意味が変わる。神の国に生きる民。日々の生活で神を信じ、人を赦すことを学ぶ。聖書を通して神を愛し、人を愛することを学ぶ民となる。そして、その生活の中でイエスさまがいつもそばにおられることを知る。神さまからの無条件の愛があふれんばかりに備えられていることに気がつく。

その時、私たちは賛美します。神さまをほめたたえます。

その時、誰かが歌う賛美の声が、私たちを慰めます。

その時、賛美によって生きる力が生まれます。

明日、教会でご一緒に賛美しましょう


[PR]

by hiraoka-joyful | 2017-07-29 07:10 | 集会案内  

<< 7月30日17年今日の糧 7月23日17年今日の糧 >>