<   2014年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 

4月27日14年 今日の糧

d0224356_15463624.jpg
マルコ4:21-25
ともし火や秤の使い方。

譬えでなく例として
「種を蒔く人の喜び」「神の国の秘密」「恵みの計算式」
 神の国について記した
伝えているものがいかに大切か 
灯火は燭台の上に
光が部屋中を照らすようにする

悪事は露見するのか
 人は最後に、神の前に立たなければならない。
諺と灯火の例=新しい意味
 灯火は燭台の上に置かれ、公にされるためにある。

隠されている神の国
光が多くの人に見えなくなっている。
イエス
=大工の息子、ナザレのイエスであり、十字架につけられた犯罪人の姿。
復活=人間の理性では受け入れ難い
それを納得できるのは、信仰によってのみ ヨハ 8:12

ともし火が来る
光が全く見えなくなった。
 イエスの十字架の死。
神の愛が輝だし、イエスに新たな命を与えた。
 イエス・キリストがもう一度この世に来られる
  あらわになる神の裁きを、希望をもって生きる

聞くべき耳
イエスを、信仰の目をもって見つめる。
神の言葉が私たちの中でいのちをもつ。
御言葉に耳を傾けている人々
 神のみこころをおこなう家族。
 父の声を喜んで聞く。 父は子の祈りを聞く
イエスが語ることの中に、
 神の国が示される。
私たちの生き方、命、救いに関わる
 言葉はただ一つ

Aわたしたちへの問い
イエスの言葉を、耳を傾けて聞いていますか。

どのような秤でみ言葉を聞くか
人の持つ秤
 人のことばを、自分の秤で量って、価値があるかないかを判断する。 
神が備えた秤
 神様のみ言葉を聞く時の秤
み言葉を聞けば秤は広がる
悔い改めの思いをもって
マルコ1章15節
「時は満ち、神の国は近づいた。悔い改めて福音を信じなさい」
悔い改めること
 =神に立ち帰って赦しを求める
d0224356_15465559.jpg

[PR]

by hiraoka-joyful | 2014-04-27 15:47 | トピックス  

4月20日14年イースター 今日の糧

d0224356_17465668.jpg
マルコ16:1-8
石はわきに主は先に
A、私たちにとって復活(ふっかつ)の
出来事(できごと)はなんですか。
B、イエスはどこに先(さき)に行かれますか。

十字架の後に
墓は人間の死んだ肉体を入れる場所。
イエス
 人間の肉による苦しみをすべて担って死んだ。 

空の墓
イエスの復活
①墓が空
②イエス 一部の人々に姿を現した。
神様の救いの御業に接した人々
  ~変化が起こった。

墓に行く女性たち
女性たちは
=マグダラのマリア、ヤコブの母マリア、サロメ
 墓に駆けつけた。
弟子たち 、一人もイエスの墓に来ていない。

私の主が墓にいない
「わたしの主」
 ~自分を基準とした信仰心
  を満たしてくれるイエス
死んでしまったイエスを
 墓の中で捜している信仰。
関心のあるのは大きな石の存在。

石はわきに
見た
すでに石は転がしてある。
白い長い衣を着た若者が座っている。
女性たちは知らなかった~イエスを
  十字架によって罪人に仕える。
  復活によって死の力を滅ぼす。

復活の宣言
墓の中にイエスはいない。
復活の出来事
 私たちが イエスに委ねつつ、
 神に従う者とされる
イエスが築いて下さる、神との新しい関係
        

主はガリラヤへ行かれる
女性たちに託された言葉
  復活の主がガリラヤに先立たれる
  ガリラヤ~イエスや弟子たちが活動していた地域
ペテロ ガリラヤの漁師、イエスに従って来た。
  十字架を目前にイエスから離反した。
「かねて言われていた通り」
  イエスはご自身の弟子たちと新しい関係を結ぶ。

おそれからの解放
宣言
 イエスは復活し、
 イエスは先立たれ、
  ガリラヤで出会って下さる。
私たちが恐れに沈黙しようとも 
イエスは
  ガリラヤ=その生活の場で
  私たちに出会い続けてくれる。
d0224356_1748098.jpg

[PR]

by hiraoka-joyful | 2014-04-20 17:48 | トピックス  

宣教開始50年記念感謝礼拝

平岡ジョイフルチャペル宣教開始50年
 のご案内
d0224356_22545225.png

日時 2014年5月4日(日)
午前10時30分-12時
講師 小林洋一師
礼拝後 愛餐会


平岡ジョイフルチャペルは1963年白石区に設立されました(かつての白石バプテスト教会)。
1991年里塚に引っ越し、名前を平岡ジョイフルチャペルと変更しました。以来現在地と同じ場所で、キリストの恵みの福音を語り続けています。
宣教開始50年となりますが、これまでの歩みを支えてくださった、またこの教会に集まってくださった皆様と50年記念感謝礼拝を行います。

足を運んでいただき、喜びの礼拝にご参加くださいますようお待ちしております。
礼拝後は小林先生を囲んで愛餐会を計画しています。


日本バプテスト連盟平岡ジョイフルチャペル 牧師:日高 龍子 協力牧師:日高嘉彦
〒004-0803 札幌市清田区里塚3条1丁目7-5  ☎&Fax(011)883-6116 
E-mail;joyful-chapel@sirius.ocn.ne.jp  ブログ;http://hiraokajoy.exblog.jp/
[PR]

by hiraoka-joyful | 2014-04-16 22:56 | 集会案内  

4月13日14年受難週  今日の糧

d0224356_16245195.jpg
使徒行伝2:37-42
「わたしも あなたも」

A、聖書の言葉で、
  心をノックされたらどうしますか?

B、神はどこに私たちを招いていますか。

大いに心を打たれ
聖霊が降った。-使徒たちは語り始めた。
宣教を聞いた人々は問いかけた。
「わたしたちはどうしたらよいのですか」
"What shall we do?“
変えられたい、という願いが生まれた。

罪の指摘
人々の重大な罪=
      イエスを十字架につけて殺した。
イエス=救い主-神が遣わした
罪=的外れ、神の救いを拒絶した。
ペテロは罪の存在を明らかにする。
  自分も罪びとだから

赦しの宣言によって
神の恵みを語る。
罪を思い知ったペテロが、復活のイエスに出会った。実体験の証。
神様による罪の指摘-新しく生かされる希望
「わたしたちはどうしたらよいのですか」
 問う ―信仰の始まり。

悔い改めと洗礼
「悔い改めなさい」=方向転換
私たちが自分ですること。
 心の向きを変えること。
イエスの名によってバプテスマを受け
         ―歩みだす
  バプテスマは、神様が与えて下さったもの。

賜物としての聖霊
バプテスマを受け、
罪の赦しの恵みをいただいた者は、
聖霊を賜物として受けるのです。
教会に加えられることです。=神の招き
主の招き

「この約束」-イエスによって
1、悔い改めてバプテスマを受ける者の罪を神様が赦して下さる
2、聖霊を受け、救いにあずかる者の群れである教会の一員として新しく生きる
主の招きこそ私たちの救いの根拠。
  新しい歩み、新しい人生への招き。
d0224356_16251688.jpg

[PR]

by hiraoka-joyful | 2014-04-13 16:26 | トピックス | Comments(0)  

4月6日14年今日の糧

d0224356_15363558.jpg
マルコ4:13-20
恵みの計算式


種まきのたとえ
イエスのそばに留まり、その結果として神の国が私たちに現される。
神のことばが蒔かれる

A、種(たね)のたとえがあらわすことは?


道端の者 
不注意な聞きて
道は常識でありふれたものが大勢通る場所
サタンが来て 
サタンは常識や自己責任ということばをうまく使う。マルコ15:31,32

石だらけの所
熱狂的しかし表面的な浅い受け止め方
試練に耐えられない。
 試練の時弟子はつまずいた。
イエスが躓きの岩となった。マルコ14,27
いばら
み言葉を聞くが他のことに執着する。
いばらは、神と人を喜ばすものではないが
ものすごく簡単にはびこる。士師9:13-15

B、種が育(そだ)たなくなるのはなぜですか 


良い地
御言葉は蒔かれ、聞かれると、
その人自身が御言葉を体現する

み言葉がもたらす負の反応
御言葉を聞く=私たちに喜びもたらす。
しかし
御言葉を聞く=苦しみや世の生活の戦いもある。

「種を蒔く人」に目を向けて
 十字架の死から復活し、み言葉の命が輝く
「実を結ぶ」=真の命に生きる

新たな命に生かされる

イエスのみ言葉を愛す
み言葉を受け入れる=抱きしめる
私たちの人生の中に変革が起きてくる。

一コリント13:13
それゆえ、信仰と、希望と、愛、
この三つは、いつまでも残る。
その中で最も大いなるものは、愛である。
1、常識                 ―信仰
2、もろさ―些細な困難にあっても恐れる    ―希望
3、快楽 喜びと取り違えがち      ―愛

C、みなさんの中にイエスが蒔 いてくださったことばは、
  育っていますか?
d0224356_1537196.jpg

[PR]

by hiraoka-joyful | 2014-04-06 15:39 | トピックス