<   2014年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 

7月27日14年今日の糧

「パン屑を集めよう働き」
マルコ6:30-44
弟子たちはイエスに喜んで宣教旅行の報告をした。
福音を必要とする人々のなかへイエスが弟子を遣わした。
そして彼らは多くの神の国の働きをした。
その後イエスは弟子たちに休むように促す。
彼らは休みを取るため舟で寂しい場所に出かけたが、
多くの群衆が イエスのみ言葉とみ業を求めて来ていた。
イエスは彼らを憐れむ=「内蔵が揺り動かされる」
奇跡はイエスの憐みから始まる。

この物語は4福音書に書かれている特筆すべき出来事。
なぜなら小さなものが、大きな出来ごとの発端になったから。
自己中心に動かされる群衆を見てイエスはどうしたか。
イエスはこの人々を迎え、神の国について語り、治療の必要な人々を癒やしておられた。
イエスの目線はまったく、私たち人間とは違う。

イエスと弟子の違い
合理的な計算をする弟子。
計算抜きのイエス。なぜならイエスの憐みは、人間の合理性や計算を凌駕するから。
これはイエスの弟子訓練でもある。
神を信頼して小さな持てるものを神の前に差し出す幸いを伝えている。
          
イエスは差し出された小さなもの(2匹の魚と5つのパン)を感謝し、喜んだ。
群衆を、整然と50人100人ずつの組に分けて座らせた。
神の言葉、戒めが混沌とした群衆に秩序を与え、 神の民が生まれる。
そのようにイエスの憐れみは、広がる。繋がる。
d0224356_13453568.jpg

この物語は2000年間教会で愛されてきた。
小さな信仰が、イエスの大きな憐みと愛が働く突破口になった。
12の籠はイエスの弟子、私たちのもの。
そこには、イエスの憐みのわざを顕わす印すなわち恵みのパン屑がある。
繰り返しその籠から食べよう。
イエスの命のパンを共に食べて、信頼して歩み続けよう。       
d0224356_1344591.jpg

[PR]

by hiraoka-joyful | 2014-07-27 13:48 | トピックス  

ジョイフルサマークラブの様子です 7月26日14日

 
d0224356_132828100.jpg
昨日はジョイフルサマークラブを行いました。リビングホープ教会より13名、当教会から新来者の親子さん方も含め28名、合計41名の参加者がありました。そのうち子どもたちは赤ちゃんから高校生まで18名が参加しました。とにかく子どもパワーは大きいものがあります。会堂の中がとてもにぎやかでした。

 最初は、シアトルからおいでになった3人の方によるゲームでした。お名前はス―.キムさん、ジ.ヘミンさん、アンドリュー.チョウさんで、3人とも韓国系アメリカ人だそうです。最初は戸惑っていた子ども達もゲームの時間には積極的に楽しむようになっていました。

 続いてリビングホープの子ども達で結成しているイッピーチーム6名が元気のよい賛美とダンスを披露してくれました。親子クラブのお子さんものりのりで飛び入り参加です。

最後は、子どもたちの大好きなおもちゃで遊び、2階の食堂で、みなでネパールカレーやタイカレー、パン、すいか、ゼリー、アイスをお腹いっぱい食べて解散しました。美味しい食事を写真に撮るのを忘れて残念です。
 昨日はジョイフルサマークラブを行いました。リビングホープ教会より13名、当教会から新来者の親子さん方も含め28名、合計41名の参加者がありました。そのうち子どもたちは赤ちゃんから高校生まで18名が参加しました。とにかく子どもパワーは大きいものがあります。会堂の中がとてもにぎやかでした。

 最初は、シアトルからおいでになった3人の方によるゲームでした。お名前はス―.キムさん、ジ.ヘミンさん、アンドリュー.チョウさんで、3人とも韓国系アメリカ人だそうです。最初は戸惑っていた子ども達もゲームの時間には積極的に楽しむようになっていました。

 続いてリビングホープの子ども達で結成しているイッピーチーム6名が元気のよい賛美とダンスを披露してくれました。親子クラブのお子さんものりのりで飛び入り参加です。

最後は、子どもたちの大好きなおもちゃで遊び、2階の食堂で、みなでネパールカレーやタイカレー、パン、すいか、ゼリー、アイスをお腹いっぱい食べて解散しました。美味しい食事を写真に撮るのを忘れて残念です。
d0224356_13285016.jpg

[PR]

by hiraoka-joyful | 2014-07-27 13:30 | トピックス  

ジョイフルサマークラブ 7月26日14年

 平岡ジョイフルチャペルでは、毎月第四金曜日にジョイフル親子クラブを行っています。現在十数名の親子さんが、集まって楽しく遊んでいます。今年の夏はリビングホープ教会と合同で特別なプログラムを計画しました。
 皆さんに喜んでいただけるよう準備してます。場所は平岡ジョイフルチャペルです。
 どなたでも参加できます。おいで下さい。
d0224356_16595936.jpg

[PR]

by hiraoka-joyful | 2014-07-23 17:02 | 集会案内  

7月20日14年今日の糧

最後の預言者の首
マルコ6章14-29

バプテスマのヨハネ
罪の赦しを得させるための悔い改めを人々に迫り、
バプテスマを行う。
悔い改めとは
=神の言葉に生かされる方向へ人生を切り替える。
イエス宣教の前に、ヨハネは捕えられる。
ヘロデ・Aは評判を聞いてイエスに関心をもつ。
イエスと彼が会った時は、裁判の場 だった(ルカ23:7、8 、11、12 )

ヨハネの捕縛と死のエピソード
ヘロデ・Aの罪をヨハネが指摘した。
彼は自分の兄弟の妻と結婚し、ユダヤの律法違反だった。
神の言葉に立ち続け、ヨハネは捕らえられる。
しかしヘロデ・Aは、ヨハネが語る言葉を喜んで聞く。
それはヨハネの言葉に人を正す愛があったから。
だからヘロデ・Aは彼を保護した。
けれど、妻のヘロディアのヨハネを恨む思いは深い。
王の誕生日の席で、ヨハネは首をはねられた。
ヘロデ・Aの見栄や不条理を許す情愛 
全てが罠となり最後の預言者は殺された。
ヘロデ・Aのその後。
地位を失いガリアに流刑となる(ヨセフス)。
ヘロデ・A はヨハネは正しい聖なる人であることを知ってた。
しかし知っているだけでは歩みは変わらない。

救いの恵みへの招き
ヨハネのバプテスマ
=罪の赦しを得させる悔い改め。
ヨハネは私たち人間の罪を明らかにする。
キリスト教会におけるバプテスマ~証人としての歩みが始まる。
=罪人が十字架の死と復活にあずかって、  神の子となる。

子どもたちへの問題
この夏休みにやってみたいことは何ですか?
d0224356_1457385.jpg
d0224356_14573935.jpg

[PR]

by hiraoka-joyful | 2014-07-20 14:59 | トピックス  

7月13日14年今日の糧

旅支度のリスト
マルコ6章6B-13

十二人を呼び寄せ~二人ずつ組にして
神の業は、独りでは行えない。
共に祈り、助け合う、お互いに神の業に仕える。(マタイ18:20 )
ここに神の国はあらわされていく。

神の国を伝える旅に持つもの。持たない物
持ってゆくもの
「汚れた霊に対する権能」=罪の力に打ち勝つ権能。
持ってゆかない物
「パンも、袋も、帯の中に金も持つな」~これは訓練
後に弟子は再びイエスから遣わされる。(使徒1:8 )
「汚れた霊に対する権能」 とはなにか
イエスから預かるもの。~誰が 預かるか
①イエスの傍近くにいる人。
②「恐れないことを続けよ。ただ信仰を持ち続けなさい。とのイエスの言葉を聞く人
③「主よ、助けてください」と神に祈る人。
杖一本の他何も持たずに の意味
一本の杖
①神の国への旅路を助けるもの。
②神の臨在を気付かせられる。(詩篇23:4 )
独りで苦しんでいるのではない。
ただ履物は履くように の意味
履物
①もはや奴隷ではない(出エジプト12:11 )~福音の自由に生かされて。
②弟子達を受け入れる者の家で脱ぐ
弟子は履物を脱いで足を洗い、食事し休憩する。
イエスも弟子達の足を洗った。(ヨハネ13:14 )
下着は二枚着てはならない の意味
神が備えた下衣。(創世紀3:21 )人間への神の憐れみ、慈しみの印。
それだけが大切

準備が整い。弟子は出かける。体験する。
イエスの神の恵みの業が起きる
心に蓄えていた信仰の種が実る。(マルコ4:31b、32)

Qあなたが、よその国や場所で神様の国を証するとしたらどこに行ってみたいですか。
d0224356_1552031.jpg
d0224356_15523818.jpg

[PR]

by hiraoka-joyful | 2014-07-13 16:07 | トピックス  

7月6日14年今日の糧

マルコ6章1-6A
イエスの故郷
母と兄弟
  ~イエスのことを聞いて取り押さえに来た。
  あの男は気が変になったと言われていた。(マルコ3章20-35節)
 イエス~ 安息日の会堂で力強く教えた。
       癒しが必要な人々が故郷にもいた

「ナザレ」村のイエス
大工~土地を持たない貧しい者の日銭稼ぎ。
親族を、村の者みんなが知っている。
イエスを受け入れない故郷の人々~なぜ
イエスへの驚き、感嘆が、信仰へと結びつかない。
イエスがどのような人か自分で答えをだした。

人間の理解を超えた神の恵み
会堂長ヤイロ、長血の女性の信仰
イエスの働きに、人間の理解を超えた、神様の力、神様の恵みを見る。
イエスへ、信仰へと通じる道。
イエスは私たちを励まし育てる。
「あなたの信仰があなたを救った」
「「恐れないことを続けよ。ただ信仰を持ち続けなさい。」

イエスの力ある恵みの業は
人間の信仰に働く
イエスは応え。私たちと共に歩む。
まことの信仰へと慈しみ育てる。

弟子達を伴って
イエスは故郷で拒絶される。
弟子達も同じ経験をする。
     福音を伝える時に。
イエスは人間の知識や常識で理解出来ない。(Ⅰコリ1:23 )
最も愚かな手段によって神は人間を救う。

私たちは神の愚かさを味わう。~伝道の働きで。
私たちの証や伝道だけが人々にイエスを示す。
全能の神からすれば愚かな手段。
イエスはその手段を教会に託した。
喜びと希望を共に味わう

Qあなたの周りにイエス様のことを伝えたい人はいますか?
d0224356_1332055.jpg
d0224356_1332555.jpg

[PR]

by hiraoka-joyful | 2014-07-06 13:32 | トピックス