<   2015年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 

9月27日15年今日の糧

何でも出来る神が行ったこと
マルコ14章32-42節



イエスと弟子の最後の時間が過ぎてゆく。
1)過ぎ越しの晩餐では、イエスは弟子達に覚えて欲しい言葉を告げた。
2)ゲッセマネの園では彼らに受け取って欲しい祈りを渡す。

イエスは何時も祈ってきた。
1)宣教活動の中で(マルコ1:35)
2)パンを増やす奇跡の後で(マルコ6:45、46 )
3)十字架の前に
この祈りをする時、ペトロ、ヤコブ、ヨハネ、はイエスに伴なった。
イエスは彼らに「ここを離れず、目を覚ましていなさい」と伝える。
そしてイエスは「うなだれる」(詩編42:2)のように。
絶望的な状況の中での渇き。神なき者のように見なされる屈辱がある。
しかし父に語りかける信仰だけがそこにある。

この祈りの中で、イエスは人間に神の名を明らかにした。
モーセに示された「存在する」方としての名前ではなく、
イエスが明らかにした「アッバ 父」となった方の名前だ。
d0224356_14354462.jpg


イエスは伝える。
真実な神が与えて下さった聖霊の働きによって、弟子達の目に、耳にイエスの「アッバ、父よ」と呼ぶ、祈りの言葉が刻みつけられる。彼らの身体がイエスの祈りに包まれる。それは、自分達の力や熱心ではない。イエスの祈りが私達の中に「アッバ父」と、真実な神へ向かう信仰を生みだす

d0224356_1431029.jpg

[PR]

by hiraoka-joyful | 2015-09-27 14:37 | トピックス  

9月23日15年今日の糧

祈りの研修会
イザヤ55章10、11節
ヨハネ第一 2章27節
詩編121編



今日は日高範嘉師による祈りの研修会でした。

祈り、それは特別な事ではない。
イエス・キリストを信じる者が、
私達に与えられている聖霊によって書かれている聖書を
ゆっくり反芻するようにかみしめつつ読むこと。
それが祈り。この祈りの中で、一人一人を愛し共にい続けて下さる真実な神に出会う。

d0224356_1456021.jpg

[PR]

by hiraoka-joyful | 2015-09-23 14:56 | トピックス | Comments(0)  

9月20日15年今日の糧

マタイ18章19,20節
   1章23節
   28章20節
「イエスのみ名で」

今日は熊本愛泉祈祷院終生院主の日高範嘉先生による宣教でした。
60年に及ぶ献身者生活、信仰生活の中で出会ってきたイエス・キリストは
慈愛に満ちたかた。
どのような時にも、側におられる方。
祈りの声に、祈りの呻きに耳を傾ける方です。
それは聖書が私たちに伝える通りです。
 一度でも、この真実に信頼しイエスの名で神に祈るなら、私達の信仰生活、教会の出来事の中で、私達は神の応答に出会ってゆきます。

d0224356_13514821.jpg

9月23日(水)
日高範嘉師による祈りのための研修会です。
午前10時半~12時 研修
    お昼
午後1時~2時 グループに分かれて証、祈りの時

午前のみ、午後のみでも。お気軽においで下さい。



d0224356_13521932.jpg

[PR]

by hiraoka-joyful | 2015-09-20 14:01 | トピックス  

特別集会のご案内

日高範嘉師 宣教と祈りのための研修会 のご案内



9月20日(日) 礼拝宣教
9月23日(水)午前10時半~研修会
         昼食
         午後1時~グループに分かれて
               祈りの時間


d0224356_1482212.jpg
日高範嘉師は熊本愛泉教会の牧師として長年働いてきました。さらにどんな人でも祈りたい時に祈りに行ける祈りの家、祈祷院を開き40年以上その働きをしています。
 その働きの中で、実に多くの人がイエス・キリストに出会いました。多くの牧師達がここで薫陶をうけました。薫陶を受けた者達が中国、ドイツ、台湾、タイ、フィリピンへ、パプアニューギニアへ宣教師として出てゆきました。またご自身も台湾の宣教師として、ご夫妻で7年間働いてきました。  
さらに身体や心の病に苦しむ者、社会的弱者、時には牢に繋がれた者のためにどこへでも出かけ寄り添い、具体的に助け、祈ってきました。
60年に及ぶ献身者としての歩み、そこに積まれた祈りは深く、まさに玉露の一滴のような香り高いものです。ですから、皆さまにこのような祈りの人と共に祈る恵みを知っていただきたいのです。私達に与えられた神の愛を見つめて祈るならば、私たちのために先んじて下さるイエス・キリストにそこで合うと信じるからです。
[PR]

by hiraoka-joyful | 2015-09-13 14:08 | 集会案内  

特別集会のお知らせ

日髙範嘉師 宣教と祈りのための研修会 のご案内



9月20日(日) 礼拝宣教
9月23日(水)午前10時半~研修会
         昼食
         午後1時~グループに分かれて
               祈りの時間


d0224356_1412555.jpg
日髙範嘉師は熊本愛泉教会の牧師として長年働いてきました。さらにどんな人でも祈りたい時に祈りに行ける祈りの家、祈祷院を開き40年以上その働きをしています。
 その働きの中で、実に多くの人がイエス・キリストに出会いました。多くの牧師達がここで薫陶をうけました。薫陶を受けた者達が中国、ドイツ、台湾、タイ、フィリピン、パプアニューギニアへ宣教師として出てゆきました。またご自身も台湾の宣教師として、ご夫妻で7年間働いてきました。  
さらに身体や心の病に苦しむ者、社会的弱者、時には牢に繋がれた者のためにどこへでも出かけ寄り添い、具体的に助け、祈ってきました。
60年に及ぶ献身者としての歩み、そこに積まれた祈りは深く、まさに玉露の一滴のような香り高いものです。ですから、皆さまにこのような祈りの人と共に祈る恵みを知っていただきたいのです。私達に与えられた神の愛を見つめて祈るならば、私たちのために先んじて下さるイエス・キリストにそこで合うと信じるからです。
[PR]

by hiraoka-joyful | 2015-09-13 14:05 | 集会案内  

9月13日15年今日の糧

鶏が鳴く前に何がおきるか
マルコ14章27-31節


最後の晩餐は賛美の歌(詩編)で終わり、イエスと弟子達はオリーブ山へと向かう。
その道中でイエスは彼らに告げた。
「あなたがたは皆わたしにつまずく」と
ゼカリヤ書第13章7節~9節、弟子達も良く知っている聖書の引用だ。
この預言は神を常に人生の真ん中におく神の民となることこそが、神の救いの意思と告げる。それを導いたのは、イエスの十字架だ。十字架が、羊を死の谷から救う杖となる。

しかし、弟子達は散らされて終わりではない。復活したイエスがガリラヤで彼らに出会うから。そしてイエスは共に神の国を実現してゆく使命を弟子たちに与える。
(マルコ16:7 )
これは、弟子たちへの恵みの約束だ。しかし弟子達はその言葉に満足しない。自分は何としてもイエスに従うと言い張る。
しかし。ペテロの自負をイエスは完全に否定する。
1)人を救うのは、人が神を愛しているその愛ではない。
2)人を救うのは、神が人に注ぐ愛だけ
イエスは、神の真実を持って向き合う。

真実な神は人の自己犠牲を望んでいない。
1)人が神の子のために死ぬことによって、救いを得るのではない。
2)神の子が人のために死んでくださったことによって救いが与えられる。

ガリラヤは、この教会の一人一人。
教会の祈りの中で私達は真実な神の出来事に出会ってゆく。

d0224356_1350191.jpg
d0224356_13471967.jpg

[PR]

by hiraoka-joyful | 2015-09-13 13:53 | トピックス  

9月6日15年今日の糧

主の晩餐式はどんな味?
マルコ14章22-26節

イエスが準備をしていたのは過ぎ越しの食事となる晩餐だったこれは、エジプトから解放された奴隷だったイスラエルの民たちが、神の恵みを記念して守り続けていた食事だ。
イエスは「取りなさい、これはわたしの体である」。と伝えるこのパンによって人は罪から解放される。それは、創世記2章16,17節3章22節に言われていた、神に閉ざされた命の食事が開かれる出来事となる。
 またイエスは杯を「わたしの血、契約の血である」。と告げながら、弟子たちに渡した。そこでの祈りは 感謝の祈り=ユーカリス、良い(ユー)恵み(カリス)~美しさ、恵み、好意、無償の愛そのものだ。
真実な神からの良い恵は、人を変容させる力とる。そのためにイエス・キリストは、
悲しみと苦しみの杯を飲んだ。
イエスが十字架の上で流す血が「契約の血」となり、罪を赦された多くの人と、神が結ぶ契約の保障となった。(ローマ5:7、8)
d0224356_13364075.jpg

神の国の実現と完成は何時か?
1)神の国が実現したのはイエス・キリストの十字架と復活により生まれた教会の中である
2)神の国が完成するのは、イエスがもう一度この地上に来られる時。
その時神様のみ前での盛大な宴会がある。
主の晩餐式は予告編(Ⅰコリント11:23)
 主の晩餐式における聖餐は教会に連なる者を一つに結び合わせる絆となる。
主の晩餐式~全てのキリスト者と共に。
主の晩餐式~全ての隣人と共に。

d0224356_13372417.jpg

[PR]

by hiraoka-joyful | 2015-09-06 13:41 | トピックス