<   2016年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 

2月28日16年今日の糧

家庭の中に見つけるキリスト
ペトロⅠ3章1~7節


ペトロは寄留者として、不安定な状況にいるキリスト者を励まし続ける。
これは、家僕、女性、すべての立場の苦しむ人々へ送った手紙だった。
1)神の国に生きる者
2)地上で大切な役割を担う
=キリストの証をする。
その生き方の指針としてイエス・キリストがキリスト者を大切に愛するやり方を伝える。
これが、抑圧に耐え真の希望へと生かされる道だから。
このように大切なものを大切にして、真の自由の中に生きる生活を
キリスト者でない者が見つめる。

手紙を受け取る女性(妻)たちは、多くが困窮し飾りを身に着けることはない。しかしペトロは彼女たちが受け取っている内面の飾り、心の中の隠れた人こそ価値があると励ます。その姿をイエスは伝えていた。(マタ11:29)(マタ5:5)

さらに神に望みを置き続けた聖なる女たちを例に、具体的な励ましを行う。
特にサラの信仰は、不可能を恐れないで、神の言葉を信じる信仰。
これはバプテスマのヨハネの母エリサベツやイエスの母マリアの信仰の源流となる。

そのうえで命の恵みの共同の相続人として
男女は、同等の立場である彼女(彼)に誉れを配分しなさい。
そのようにペトロは、互いを知り思いやる関係の中で、共に祈るものとなることを伝える。
(マタイ18章19、20節)
d0224356_16251766.jpg
d0224356_16273210.jpg

[PR]

by hiraoka-joyful | 2016-02-28 16:28 | トピックス  

2月21日16年今日の糧

キリストの足跡は誰の側に
ペトロⅠ2章11節~25節


ペトロは手紙を通してキリスト者に懇願する。
彼らは旅人、寄留者であり、どこに向かうかをはっきりと知っている者だ。
1魂(霊)~イエスをキリストと告白する霊に戦いを挑み続ける
肉の欲を避ける
2、卓越した1生活態度でありなさい。それはキリスト者を公言することです。
その証を通して、キリスト者を迫害する者は、
この世における歩みの中で神様に訪ねられる祝福の時に出会い、
神をほめたたえる者となる。
なぜなら人がキリストに出会うのは、キリスト者がなす神の言葉に対する証を通してだけ。
キリスト者の証には神の救いの出来事が輝いているから。
だからキリスト者は人々に注視されている。
この中で、キリスト者はどのような自由も与えられる
しかし神のしもべとして、悪を行う自由はない

ではキリスト者はいかに隣人との関係を築くか。
1)神を畏れなさい
2)兄弟たちを愛しなさい
3)全ての人を敬いなさい 
4)王(制度)を尊び続ける
横暴な=曲がった~不正直な支払い、労働条件にすらも
(マタイ5:41)でイエスが教えたことをなぞる機会となる。

確かにそこに苦しみがある。しかしそれは恵みになる。
なぜか
イエスが私たちの側で、苦しみを共に担う。
真実な神が私たちを抱き寄せている。
私たちは荷を降ろし、心からの平安を与えられる。(マタイ11:28-30)
d0224356_13564482.jpg
d0224356_13565470.jpg

[PR]

by hiraoka-joyful | 2016-02-21 13:57 | トピックス  

2月14日16年今日の糧

海にできた道
出エジプト記14:31

80歳でイスラエルの指導者となったモーセは自分がイスラエルの民に全面的に受け入れられていないことをしばしば体験します。民に不平を言われること、彼らが真実な神を礼拝しようとしないこと、それがモーセの苦しみでした。しかし、どんなときも真実な神様は指導者モーセに声をかけ続けました。そしてモーセの信仰を強くされました。
モーセは、自分は小さな力のない指導者であると知っていました。けれどもそのような彼を真実な神が立てて、神の業をさせている信仰を持っていました。ですから前は海、後方には彼らを追うエジプトの軍隊という最大の危機の時でも、神に信頼し命じられた通りに海に向かって手を伸ばしました。すると神は激しい東風を一晩中吹かせて、海を押し返しました。 海底は、道のように乾いて、イスラエルの人々は前へ前へと逃げ始めました。
一方エジプト軍は彼らを追いかけることができませんでした。それは、天使がイスラエルとエジプト軍のあいだに入って、エジプト軍の邪魔をしていたからです。彼らが渡り終えると神は海をもとどおりにします。このようにしてイスラエルは助かりました。
この後イスラエルの人々は、神のことを「わたしたちをエジプトから救い出した方」と呼ぶようになります。そして、
d0224356_12442364.jpg
真実な神様は、神に助けを求める者たちを決して見捨てない方だと、自分たちの子や孫たちに何千年もずっと言い伝えてゆきます。
d0224356_12445158.jpg

[PR]

by hiraoka-joyful | 2016-02-14 12:46 | トピックス  

大人のための歯科講習会

2月14日(日)のご案内

d0224356_179193.jpg

明日の礼拝で横濱峰二子神学生が証をして下さいます。
または大人のための歯科講習会があります。午後1時より
歯科衛生士のMさんが丁寧にわかりやすく、大切な口内ケアの話をしてくださいます。
皆様のご参加をお待ちしています。
(ご自分の普段使いの歯ブラシをお持ちください)
d0224356_179038.jpg

[PR]

by hiraoka-joyful | 2016-02-13 17:11 | トピックス  

2月7日16年今日の糧

捨てられた石が要石に
ペトロ手紙Ⅰ2章1~10節

ペトロはキリスト教会に集うものらに、二つのことを勧める。
まず友の中にイエス・キリストの愛(AGAPAO)を見るから。
まず以下のものを捨て続けるように。
1)すべての悪意   
2)すべてのごまかし 
5)すべての悪口   
4)妬み       
3)偽善    善人の役を演じる
これは、私たちを命がけで愛したキリストの愛を、教会に集う人々の中に見つける。
次に自分の中にイエス・キリストの愛(AGAPAO)を見るから。
純粋な(ADPLOS)混ぜ物がない―言葉の、霊的な(LOGIKOS)乳を
慕い求め続け成長しなさいと勧める。
1)神の言葉
2)神の霊

キリスト者は、真実な神は恵み深い~善いという体験をすでに味わっている。
(詩編34:7-9)
だからこそ生きる石イエス・キリストのもとに来続けるもの達だ。(詩編118:22 )
イエス・キリストは
1)人には捨てられた石
2)神には選ばれた石   十字架に至るまで人に仕える者として  
人生の隅の親石となり、その石にそって建てられる。

そうすればキリスト者もまた生きる石となる。
それは崩れてしまう神殿ではなく(マルコ 13:2)
キリスト者こそが神の家、神殿となる。
1、全てのキリスト者は、恵みの座に近づくことが出来る。
2、霊の「いけにえ」を、捧げる 

キリストの教会には、イエスという教会の要石がある。
だからこそ、神は教会(キリスト者の群れ)に住む。
d0224356_13403572.png
d0224356_1341236.jpg

[PR]

by hiraoka-joyful | 2016-02-07 13:42 | トピックス  

大人のための歯科講習会

大人のための歯科講習会
2月14日(日)


礼拝で横濱峰二子神学生が証をして下さいます。
午後は大人のための歯科講習会があります午後1時より
歯科衛生士のMさんが丁寧にわかりやすく、大切な口内ケアの話をしてくださいます。
皆様のご参加をお待ちしています。
(ご自分の普段使いの歯ブラシをお持ちください)
d0224356_13291736.jpg
d0224356_13304778.png

[PR]

by hiraoka-joyful | 2016-02-07 13:33 | 集会案内