<   2016年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 

3月27日16年イースター今日の糧

d0224356_20121990.jpg
イエスが福音を告げた場所
ペテロⅠ3章18~22節

イースターは、十字架につけられ死んだイエス死に打ち勝って全く新しい命に蘇ったことを感謝する日で信仰がなければ受け入れられない出来事です。そのペトロがイエスのことを直接知らない人々に手紙で、復活の出来事を明確に書き記しました。
1)ただ一度だけ苦しまれた。
2)正しい方が、正しくないもの達のために
3)あなた方を神のもとに導くため
4)イエスは十字架で死んだ。しかし聖霊によって生きた。
5)復活の日曜の朝まで2日の時間、イエスは死者のために陰府へ下った。(驚くべきこと)
なぜイエスはわざわざ陰府へ下ったのでしょうか?
 それには、旧約聖書のノアの出来事がかかわっていると、ペトロは告げます。ノアの箱舟物語には、暴虐と邪悪が満ち、真実な神に反逆する世界に神が洪水をもって8名のノア一家族のすべての人を滅ぼした様が描かれています。水が引き地上に降り立ったノアたちは、深い嘆きと真実な神への畏れをもって礼拝をささげました。(創世記8:20~22)
そのとき神は再び人を滅ぼさないと誓います。この神の憐れみの決心がイエス・キリストの十字架へと続くのです。しかも一旦滅ぼされたかに見えた人々ですら陰府の中に留まっており、神の子自らが
そこに福音を携えて行ったのです。
ペトロはだからこそ、真実な神はイエス・キリストを信じる我が子を見捨てる方ではないのだと、苦悩の中にいるキリスト者を励ますのです。

d0224356_2052824.jpg

[PR]

by hiraoka-joyful | 2016-03-27 20:14 | トピックス  

明日、3月27日はイースター礼拝です。

d0224356_127566.png
明日はイースタ―礼拝です。

イエス・キリストの復活、十字架につけられ死んだイエスが死に打ち勝って全く新しい命に蘇ったことを祝う日です。
世界中のキリスト教会で、お祝いします。
雪も溶け、春の日射しが射しています。
どうぞ礼拝へお出かけ下さい。

[PR]

by hiraoka-joyful | 2016-03-26 12:07 | 集会案内  

ペトロさんの手紙歌詞

今週は受難週です。20日の礼拝で、今教会で読んでいますペトロの手紙第一から、牧師が作詞した歌を紹介しました。メロディーは童謡「ウサギと亀」です。イエス・キリストの十字架と復活を覚えて感謝しつつ口ずさんでいます。
「ウサギと亀」の替え歌で、「ペトロさんの手紙」


1)もしもし ペトロさん ペトロさん
世界の内であなたほど 愛に溢れた人はない
みんなを手紙で励まして。
2)なんと仰る 皆様よ
あなた方こそ素晴らしい 
イエス様見てはいないのに
ホントの愛を知っている。

3)いえいえ やっぱり イエス様が
一番愛に 溢れてる
罪人のため命捨て
復活の生命与えるよ。

d0224356_554377.png

[PR]

by hiraoka-joyful | 2016-03-24 05:58 | うた  

3月20日16年受難週今日の糧

d0224356_13492723.png

善い生活を送る
ペテロⅠ3章13~17節


ペトロは厳しい社会状況の中で生きるキリスト者を励まし続ける。
「善いことに熱心である」人は通常は社会で歓迎される。
しかしそれを厭う時代、社会がある。当時のローマ帝国のように欲望をいかに満たすかを、大切にする社会だ。
その世界に向かってイエス・キリストの愛と義を伝えるものへ、迫害が起きていた。このような社会の中で、それでも幸いそのものとなるようにペトロはキリスト者を励ます。
イエスの言葉、イザヤの言葉を思い出しながら。
(マタイ5:10-12)(イザヤ8:12-13)
そして心を動揺させるな =(TARASSO)攪拌させるなと伝える。
イエス・キリストの愛を知っている者の価値観と自分の欲望を愛する者の価値観は違うのだから。だからこそイエスを常に心の中心点に置くことを大切にするのだと語る。
心の中のイエス・キリストは
1)真の助け手~聖霊を与える人、
2)神の国に私たちの居場所を作っている方。
3)どのような悲しみもぬぐってくれる慰め主。

このイエス・キリストの恵みを感謝とともに証しをする。
自分は罪深い人間だが、イエス・キリストの十字架における神の赦しによって救われた。希望を与えられている。
この証の中で善い生活態度が形作られる。その生活態度を見てキリストを見つめる者も確かにいる。

d0224356_13463070.jpg

[PR]

by hiraoka-joyful | 2016-03-20 13:51 | トピックス  

3月13日16年今日の糧

イサクの結婚~信仰のバトン
マタイ福音書6章33
ペトロの第一の手紙3章6節


ペトロが励まし続けた女性たち。その中でもサラの人生には、真実な神の約束を信じる夫アブラハムについてゆくことで、不確な不愉快で危険なことが起きた。しかし神はサラにも約束を受け継ぐ信仰を与えイサクが生まれた。サラから生まれたイサクは信仰による神の約束の地、その嗣業を受け継ぐものだ。初代協会では、彼女が大切にした信仰をキリスト者の信仰の源流ととらえている。
(ヘブル11:11 )(ガラテア 4:24 、30)

そのサラの死後アブラハムは同じ神様を信じる女性を自分たちの家族に迎えようとする。それは
1)不可能を可能にする神への信頼を受け継がせる。
2)信仰を遺産として次代に残す。
アブラハムにその信仰を託された番頭もまた具体的な神からの答えを求めた。そこに真実な神の答えがあり、番頭はアブラハムの甥の娘リベカに出会った。それは神からの祈り以上の答えだった。
またアブラハムの故郷の親族は真実な神を信じていた。その娘リベカは真実な神の答えを信じ、時を待たずに行動する。(創世記24:57~61)
そしてイサクもまた真実な神の答えを待ち続けていた。(創世記24:62~67)
このように、信仰の継承はアブラハムだけの出来事ではない。真実な神に希望をおいて一歩踏み出した人々がいた。一人ひとりによってバトンが渡された。

今、この物語に働かれた不可能を可能にする真実な神に出会う場所、それはキリストの教会。私たちはここで祝福を伝えてゆこう。

d0224356_173337100.jpg
d0224356_17331771.jpg

[PR]

by hiraoka-joyful | 2016-03-13 17:43 | トピックス  

3月6日16年今日の糧

祝福を受け継ぐために
ペテロⅠ3章8~12節



ここで、苦難にあるすべてのキリスト者への最も大切な励ましと勧めをペトロは記す。
1)心を一つにする(HOMOHURANES)=同じ考えと態度を分かち合う。調和をもつ。
2)「互いに同情し合い」=共感する。分かり合う。
3)「兄弟を愛し」=兄弟愛~フィレオ 自分の一部のように。
4)「憐れみを深く」=内臓からの同じ思い。
5)「謙虚になりなさい。」
イエスの姿がそこにある。
ペトロは悪口や侮辱が教会の中にあることを知っていた。教会が弱くなり消滅しないように、神の国を再び築いてゆく唯一のことは「かえって祝福を祈る。」ことだ。イエスがそのことを勧めていた。(マタイ5:43、44)
そのように教会で祝福を受け継いでゆくとき
1)愛の訓練によってより深く愛する関係になる。
2)天に蓄えられている資産がある。(ペトロ1:4 )それはキリスト者の希望となる。

そうして嵐の中にも動かされないただ一つのことを追い求め、神への信頼を持つ。
またなすべき和解の働きをする者となる。
それは、命を愛して、良い日を見ることを願っている者だ。
だから真実な神はキリスト者の群れを見守り世話をする。
1)私たちが善を行うことができるように必要を認める。
2)具体的に世話をする。
3)キリスト者の祈りに耳を傾ける。
4)大事に私たちを導く。
5)神は時に鞭で、的確にその群れを打つ。
d0224356_14742100.jpg
d0224356_1475556.jpg

[PR]

by hiraoka-joyful | 2016-03-06 14:09 | トピックス