<   2016年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 

5月29日16年今日の糧

今日は熊本地震を覚えての礼拝でした。

証 H K姉(熊本愛泉)
皆様方の熊本へ対するお祈り、お心遣いを心より感謝致します。震災のことはTVや新聞をとおしてご覧になっておられたと思いますが、今尚、余震も続いております。私たちの現状は、亡くなられた方々のこと、倒壊した家々の再建、人々の住宅問題、精神的ケア、膨大な廃棄処分、今後の土砂災害と様々な復興への課題に直面しています。熊本のシンボルである熊本城崩落の復旧には10年の歳月と途方もない財源が必要です。私共夫婦も5、6箇所の教会をお訪ねしましが、礼拝も守れないほど厳しい現状の教会も多々あり、またその復旧作業に懸命に臨んでいる牧師、信徒の方々にお会いしました。本当に被害のない所は皆無と言ってもいいでしょう。
しかし、考えれば聖書の終末予言(マルコ13)に「このことが冬起こらないように祈りなさい」とありますが、これが寒い冬、暑い夏であったらどうでしょう。2週以上続いた断水、電気、その一つを見ても、私たちはもっともっとひどい状況、考えられない状況になっていたでしょう。今回の地震が晩春であったことは本当に幸の一つと受け止めています。又県外からの応援活動、ボランテア活動を受けています。先日も町中で札幌自衛隊災害救援と車体に書かれた大きな車を幾台も見まして感激した事です。皆様方のお祈りとこ愛を心から感謝し、遠い熊本の地より皆様方の祝福をお祈り申しあげます。
北星学園大学チャペルクワイヤーの素晴らしい特別賛美がありました。
そして昼食は庭で食べました。

d0224356_2052541.jpg
d0224356_20522997.jpg

[PR]

by hiraoka-joyful | 2016-05-29 20:56 | トピックス  

5月29日 特別礼拝

d0224356_1415755.jpg
賛美礼拝のお知らせ


平岡ジョイフルチャペルでは5月29日(日)の賛美礼拝(午前10時半~)を、
特別に熊本地震を覚える礼拝にします。
北星学園大学のチャペルクワイヤーの皆様も奉仕されます。
お昼は焼きそばその他を用意しています。どうぞお出で下さい。
なお当日の席上献金を連盟の災害支援献金へお送りします
d0224356_140243.jpg

[PR]

by hiraoka-joyful | 2016-05-26 14:03 | トピックス  

5月22日16年今日の糧

恵みの源から流れ出る希望
ペトロ手紙Ⅰ5章6節―11節
神の御前に自らへりくだるのは、弱さを知っているクリスチャンにとって真の知恵です。そこは私たちの逃れ場となります。
そして神の前に謙遜に生きることはもう一つの面があります。イエスは、神の前に謙遜な者は、他者に仕える者だと言われます。特に社会の中で物の数に入らない者、自分の利益にならない、役に立たない人を受け入れる。それをイエスは弟子達に示して、謙遜とは何かを教えました。
 手紙を受け取ったクリスチャンたちも真実な神に重荷を委ねながら、さらに苦しむ者、弱い者のために良い業を行っていました。
 このようにペトロは私たちの逃れ場をはっきりと教えてから、クリスチャンが遭遇する信仰の戦いについて記しています。
悪魔はクリスチャンの弱さを攻撃し、イエス・キリストが完成した十字架の救い、神が与える復活の命を、否定させます。しかしイエス・キリストは私たちを捉えています。だから勇気をもってその悪魔に対抗するように、ペトロは伝えています。
自分の心を整え、誘惑に陥らない。同じ信仰を持つクリスチャンと繋がる。
この戦いのための道具は、日々神の手の下におり、思い煩いを委ねきり、互いに仕える者となる事です。
ペトロは手紙の終わりに
1)神が何をクリスチャンになされたか。
2)今クリスチャンはどのような状況か。
3)クリスチャンの希望を記しています。これはペトロの賛美、そして祈りです。



d0224356_1752332.jpg
d0224356_17531726.jpg

[PR]

by hiraoka-joyful | 2016-05-22 17:55 | トピックス  

5月15日16年ペンテコステ

ペンテコステ(聖霊降臨日)
2016年5月15日(日)
d0224356_16111913.jpg


イエス・キリストは十字架の上で全ての人と、真実な神を再び愛によってつなぎ合わせるために死にました。その後神の愛は、ゆがんだ人間の罪に打ち勝ちイエスは甦りました。それはイースターとして教会で祝われています。(今年度は3月27日)そのイースターから50日目に、キリストの弟子たちの上に天から聖霊がくだり、教会が誕生した日をペンテコステ(聖霊降臨日)と言います。
ユダヤ教では七週の祭り、あるいは 刈り入れの祭りと呼びます(出エジプト、申命記より)。この時期は過ぎ越しから、50日目であるため、50をさすギリシャ語のペンテコステと言う呼び名を用います。ペンテコステの大切な意味は、神様の恵みが真実な神の霊(聖霊)を通して私たちの間に今も生き生きと働いており、その力によって教会が建てられているということです。 クリスチャンにとって、ペンテコステは希望の日です。それは、神が聖霊を通して私達の人生の中、日々の生活に今もなお働いて下さるということを発見することによって与えられる希望です。

今日のペンテコステ礼拝 平岡JCの宣教はO執事でした。
牧師は帯広BCで宣教でした。
初夏の帯広の風景をお届けします。
d0224356_16103422.jpg

[PR]

by hiraoka-joyful | 2016-05-15 16:15 | トピックス  

5月8日16年今日の糧

羊飼いとともに
ペトロ手紙Ⅰ5章1-5節

ペトロは、この手紙で全てのクリスチャンに謙遜の勧めをしています。「皆互いに謙遜を身に着けなさい。」この「身に着ける」とは「結ぶ」という意味があります。人間はちやほやされるのが好きな者です。ですから真実に謙遜になるには人間の力では大変難しいのです。謙遜の衣を互いに結んでゆく事で、謙遜にさせられます。ペトロは教会こそ、真実な謙遜を身に着けることを練習する場所であるといいます。一人~のクリスチャンが、それぞれの無私の奉仕を互いに見つめ、認め合う事によって結ばれてゆくものなのです。
また特に教会における長老の働きは大きいと励ましています。誰よりも苦労し、報いが少なく、涙の種を蒔き、時に同胞のクリスチャン達に責められることすらある厳しい働き。それでもペトロは彼らに確かな希望を指し示すのです。大牧者イエス・キリストが再び来られる時、これまでに述べてきたように、群れの模範となって奉仕に励む者は、永遠に変わることのない、しぼむことのない栄冠を受けると言います。
「しぼむことのない栄冠」とは忠実な信仰者に授けられる永遠に変わらない栄光です。この当時、運動競技の優勝者にはオリーブの冠が与えられ、凱旋将軍には月桂樹の冠が与えられていました。それらの冠は早晩しぼみます。けれども、神様によって授けられる栄光は永遠に変わらないと言うのです。(黙示録4:4,10、11)
d0224356_19424484.png

d0224356_19411722.jpg

[PR]

by hiraoka-joyful | 2016-05-08 19:44 | トピックス  

母の日は教会で

5月8日は母の日です。
 
d0224356_19474686.png
皆様はどのような感謝をお母さんに表しますか?お母さんだけでなく、色々な助けになってくださる方に感謝を表す日と考えても良いですね。
母の日が覚えられるようになったのは、キリスト教会からです。
米国のW.バージニア州ウェブスターのメソジスト教会で母の愛に感謝する「母の日」の行事が設けられておよそ100年が経過しました。この教会にはM・ジャービスという、教会学校の教師として長い年月奉仕している婦人がおられました。ある日曜日、聖書の十戒の第4戒「あなたの父母を敬いなさい」からお話をして、「皆さんの中で、どなたかお母さんの偉大な愛に対して心から感謝を表わす方法を考えだして下さる人はいませんか。そういう人が出てくることを待っています」と結びました。ところが、間もなくジャービス夫人は亡くなり、教会で追悼会が行われることになりました。夫人の娘アンナは、お母さんから聞いた話を思い出し、たくさんのカーネーションを捧げてお母さんを偲んだというのです。このことが列席者に大きな感動を与え、やがて全米に広がるようになりました。そして1914年にアメリカ議会は5月の第二日曜を「母の日」と定め、国旗を掲げてお母さんに謝意を表わすこととなり、その後、全世界で母の日を祝う行事が行われるようになりました。
[PR]

by hiraoka-joyful | 2016-05-05 19:48 | トピックス  

5月1日16年今日の糧

喜びと幸いはどこから
ペトロⅠ4章12節~19節


ペトロが手紙を出した人々、彼らは危機的な孤立と社会的差別の中に生きていました。
 けれど、その迫害の中にありながら神から愛されている。
そのことを2つのことが明らかにしています。
1)「あなたがたを試みるために身にふりかかる火のような試練」
神が金や銀だと認めたものに与えられる訓練としての苦難は、真実な神の愛から来ている。
2)思いがけないこと、驚き怪しむことではない。
神は怪しまなければならないような、胡散臭いものをキリスト者の目の前に置きません。
 そのことを踏まえたうえで、ペトロはクリスチャンとして苦しむなら、恥じることはありませんと励ますのです。ののしられてもののしりかえさず、弱いけれど、人々に仕えることには強い。つまはじきされても、苦しむ人々のもとに駆け寄り助ける。その不思議な人クリスチャンたちの名は、どれほど人々が彼らを叩きのめし、撲滅しようとしてもどんどん広がっていったのです。この名において彼らは、神に栄光を帰し続けたのです。
クリスチャンは私たちを愛するイエス・キリストが私たちの苦しみ、くびきをともに担ってくださる恵みの中で生きています。ですから苦難を受ける者たちは気落ちしないで、良いことを行い続けようとペトロは励ましているのです。
私たちの一日~、一歩~、一息~ 声にならない声を父なる神に委ねることが出来る。そこには究極の平安があります。ハレルヤ 

d0224356_1341712.jpg
d0224356_13395589.png

[PR]

by hiraoka-joyful | 2016-05-01 13:43 | トピックス