<   2016年 07月 ( 10 )   > この月の画像一覧

 

7月31日16年今日の糧

みなさんにありがとう
テサロニケ手紙Ⅰ3章6-13節

大浦天主堂含む長崎の教会群が世界文化遺産に申請されました。ここは1597年日本で最初に殉教した日本二十六聖人たちに捧げられた教会です。また大浦天主堂が1864年にたてられ、翌1865年2月から公開が始まった一ヶ月後に浦上の隠れキリシタン達が信仰告白「わたしの心はあなたの心と同じ」と語り、自分達は心の内にイエス・キリストを信じる者だと名のりを挙げました。ところが、当時の教会は鎖国を解いた後に入ってきた外国人を対象としており、まだ禁教令が残っていました。それでこの時信仰を告白した人々は捕らえられ殺されたのです。
その後禁教令は解かれ、奇蹟の信仰の地日本を目指して多くの宣教者が来、日本で宣教したのです。明治になってカトリックだけでなく、プロテスタント、聖公会など多くの教会が誕生しました。
なぜこのような事が起きるのでしょう。なぜ心にあるイエスから離れられないのでしょう。その方が楽な事が多いのに。時に損をし、命を取られることすらあるのに。
それはイエス・キリストこそが真実な神だからです。そして苦しむ者を具体的に慰め助けるかただからです。
パウロはテモテからの福音のニュースを聞いて具体的に慰められ、再び立ち上がる力が起きたのです。こんなことをしても損をするだけではとか、やっている事が無駄になるのではという恐れから解放され、ただひたすらに福音を伝えつつ生きたのです。


d0224356_19373980.jpg
d0224356_19363461.jpg

[PR]

by hiraoka-joyful | 2016-07-31 19:39 | トピックス  

タイからのお客様

d0224356_1429226.jpg
タイバンコクから来たGさんと昨日は子ども達が楽しく遊びました。
プログラムは以下の通りでした。

1、みんなでご挨拶
2、タイ語でご挨拶
3、英語で歌おうその①
4、紙芝居
5、英語で歌おうその②
6、新聞ゲーム
7、見つけよう、見つけた
8、ボールを釣ろう
9、お茶っこクラブ

明日の礼拝はGさんが証とタイダンスを披露してくれます。
お楽しみに

[PR]

by hiraoka-joyful | 2016-07-30 14:30 | トピックス  

夏のお楽しみその2

d0224356_143917.jpg
d0224356_1438484.gif
d0224356_14383994.png

[PR]

by hiraoka-joyful | 2016-07-26 14:40 | トピックス  

7月24日16年今日の糧

キリストの僕として
ガラテヤ1章1節~10節



今日は教会の代表執事Yさんの宣教でした。Yさんは高校生の時にイエス・キリストを信じて教会生活を送るようになりました。それから50年以上の年月、伴侶のNさんと共に教会を愛して具体的な奉仕をする事が、自分を救ってくださった真実な神への応答だからと教会生活を送っています。そんなYさんですが、実はパソコンや携帯関係にはとても詳しいです。いつでも気軽に教えてくださいます。

食事の後はジョイフルハウスの大掃除でした。
写真はH執事が育ててくださった朝顔です。教会も咲き始めそうです。
d0224356_1994279.jpg

d0224356_1910313.jpg

[PR]

by hiraoka-joyful | 2016-07-24 19:12 | トピックス  

テサロニケの歌

d0224356_15425295.jpg
テサロニケの歌(うた)

1)イエス様(さま)の福音(ふくいん)聞(き)こえてくるよ
テ サ ロニ ケ      パウロ    達(たち)が 伝(つた)え てる。(間奏(かんそう))

2)イエス様(さま)の福音(ふくいん)聞(き)こえてくるよ
 テ サ ロニ ケ      クリスチャン 達(たち)が 伝(つた)え てる。(間奏(かんそう))

3)イエス様(さま)の福音(ふくいん)聞(き)こえてくるよ
 ジョイ フル チャ ペル  私(わたくし)      達(たち)が 伝(つた)え てる。

 今教会ではテサロニケの手紙1を読んでいます。その手紙を題材に、牧師が作詞しました。
曲は カエルの歌です。毎週礼拝で歌っています
d0224356_15422392.png

[PR]

by hiraoka-joyful | 2016-07-20 15:44 | うた  

7月17日16年今日の糧

私たちの喜びはあなた方
テサロニケ手紙Ⅰ2章17-3章5節

d0224356_13381024.jpg


ほんの短い期間でも、生涯の友に出会うことがあります。また新しい家族を見出すことがあります。パウロとテサロニケのクリスチャンもそうでした。パウロ達がテサロニケに滞在したのはほんの短い期間でした。そこでは彼らは自給して、貧しい生活を送っていました。けれどその滞在は喜びに満ちていたのです。イエス・キリストを信じる者が生まれ教会が誕生したからです。そこに大切な関係が生まれました。ところが、パウロ達は、敵対する者たちが起した騒動のために、テサロニケの町を去らなければなりませんでした。パウロ達はそのことに心がちぎられる思いでした。またテサロニケ再訪も様々な障害のためかないませんでした。

その中でパウロは気落ちして、彼等のことを諦めたでしょうか?そうではありません。
パウロ達を中傷するもの、危害を加えるものが多くいる中で、パウロはハッキリと一つのことを見つめています。それはこの地上で、人が手にするどのような希望、喜び、栄光よりもっと素晴らしいものです。それはイエス・キリストを共に信じる兄弟姉妹です。なぜなら、イエス・キリストは何よりも、すべてのクリスチャン達の存在を喜ぶからです。そのために労苦した者の働きを喜ぶからです。この関係にはイエス・キリストの愛が働いている。パウロはそこに望みをおいて、仲間のテモテをテサロニケに派遣したのです。

今日のBBQの様子 ラム肉、チキン 野菜 お菓子 謎のコーラ煮 etc.
皆で楽しみました。
d0224356_13371591.jpg

[PR]

by hiraoka-joyful | 2016-07-17 13:44 | トピックス  

夏のお楽しみ

7月17日はバーベキューです
 前回の様子
d0224356_16164974.jpg
d0224356_1616990.png

[PR]

by hiraoka-joyful | 2016-07-13 16:21 | トピックス  

7月10日16年今日の糧

イエス・キリストを憎む訳
テサロニケ手紙Ⅰ2章13-16節

同胞 それは同じ母の胎内から生まれたものと言ういみです。同じ家族、血族、民族、同じ社会で育ち、同じ文化を持ち、同じ価値観に生きる者です。同胞であるからこそ、強いと考える人々です。
かつてその中に育ったイエスが、突然神の国を伝えるためナザレの町を離れたとき、家族や町の者は戸惑い、なんとかしてイエスを連れ戻そうとしました。そしてイエスはユダヤの同胞らが精神のよりどころとしていた神殿の権威を否定したと、同胞達から憎まれ殺されたのです。自分達の中に生まれる異分子を許さない、たとえそれがどれほど真実で、正しいものであっても、異分子を吐き出そうと仲間はずれにし、憎むのが人のあり方です。
しかし真実な神はそうではありません。神は、ご自身と異なったものこそ愛されたのです。聖なる神が、罪ある人間を愛されたのです。基督者は、神の怒りが常に切ないほどの愛に裏打ちされていることを忘れてはいけません。それを忘れる時、私達もまた他民族や異なった宗教者達、自らを受け入れない者達を、異分子として憎む的外れの罪に捕らわれてしまいます。かつてキリスト教会の歴史の中でも、その憎しみによって戦争が起き、ユダヤ人に対してはホロコーストの大量虐殺が起きたのです。
d0224356_16162078.jpg

  だからこそ、私たちはその悲しみを繰り返さないように語るものも聞くものもイエスキリストの謙遜に真摯に倣い続けるのです。

d0224356_16154655.jpg

[PR]

by hiraoka-joyful | 2016-07-10 16:19 | トピックス  

ジョイフルガーデン サクランボウの収穫

d0224356_17231299.jpg
今日はこども達とサクランボウの収穫をしました。
上の方は採れなくて残念だったけど、小鳥さんへおすそ分けです。
お昼に皆でいただきました。
d0224356_17252759.jpg

[PR]

by hiraoka-joyful | 2016-07-03 17:25 | トピックス  

7月3日16年今日の糧

幼子として、父母として
テサロニケ手紙Ⅰ2章6-12節

成長したテサロニケのクリスチャンに、パウロは乳母のように、父のように養い、育て、導いた自分たちとともに、彼らが進んでゆく場所を明らかにしてゆきます。これは真実な神が招く場所、乳を飲んでいるだけの乳児には決して見えない場所です。成長し福音を伝えるためにともに働き、イエスの足跡に倣って歩みだした者たちに、見える光景だからです。
d0224356_16285340.jpg

そこは神の国です。イエス・キリストがたとえを用いて何度も語り伝えた場所。しかし当時の弟子たちは躓きやすい乳飲み子のようで、それが何かはわからなかったところです。
 その小さなひな形が、キリストを信じる者の群れ教会に生まれました。互いに仕えることを喜びとする場所。一人の喜びが、皆の喜びになる場所、一人の悲しみが皆の悲しみになる場所です。神を父と呼び、イエス・キリストを友と呼ぶ場所です。福音を伝えるもの、福音を受け取るものが互いを大切にする場所です。イエス・キリストの救いの恵みを忘れずに語り合う場所。イエス・キリストの復活の出来事がどのように自分の人生の中で起きてきたかを証する場所です。そしてやがて、もう一度来てくださるイエス・キリストが迎えに来る場所です。やがて大いなる神の栄光に包まれ、完全な平和に生かされるために私たちはこの場所に神によって招かれています。

d0224356_16281139.jpg


[PR]

by hiraoka-joyful | 2016-07-03 16:31 | トピックス