<   2016年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 

10月30日16年子ども祝福礼拝今日の糧

子どもには塩味をつけよう

マタイによる福音書513

イエス様は「あなた方は地の塩だ」と宣言しました。

イエス様が伝えたいのは、あなたたちは塩のように、あなたたちがいることで、周りの人達が嬉しくなり、元気になれる役割があること。あなたたちは、正しいことを愛して、それを見ている人の心も正しい方に向けさせる力があることです。

塩はもともと海にあります。良い塩を取るには、いらないものを取り除いて最後は火で塩の固まりにします。塩にはこの火が必要なのです。

聖書では、火はとてもきついこと、苦しい事を表す言葉です。そのようなきついこと、苦しい事が、私達に塩味をつけるというのです。

 イエス・キリストは十字架にかかるという特別な苦しみの出来事の中で、私達の代わりに先に苦しみやきつさを受けてくださったのです。

私達はイエス・キリストの苦しみや、きつさを知ることで、私達のために苦しまれたイエス様の愛を知ります。その愛が私達の毎日毎日を新しい塩味に変えてゆくのです。

自分の内に苦みでなく塩味を持つならば、わたし達は私達に与えられた神の恵みの言葉、互いを許し合う言葉で、感謝する言葉で、力づける言葉で、隣人や家族に接してゆくものとなります。

これが「私達が地の塩になる」ということです。

 

今日の礼拝は子ども祝福式でした。北星学園チャペルクワイヤーの皆様が子ども達のために特別讃美

大きな紙芝居ペープサートを行ってくださいました。

 教会につながるお子様や、若者達が神の守りと祝福の中で過ごされるように祈りました。


                  

d0224356_13322435.jpg
d0224356_13333090.jpg
お昼も楽しく食べました


                  


[PR]

by hiraoka-joyful | 2016-10-30 13:38 | トピックス  

子ども祝福礼拝のお知らせ

教会では毎年子ども祝福礼拝を行っています
また毎月第4金曜はおもちゃとお菓子を用意して
就園前のお子さんや、お母さん達が自由に遊びお茶を飲みながらユックリ過ごします
(今月は10月28日(金)10時半~)

10月30日日曜日の子ども祝福礼拝は特別ゲストを招いてます(以下おしらせ)
大きな紙芝居、童謡ペープサート
楽しい時間です。

d0224356_12263295.jpg

[PR]

by hiraoka-joyful | 2016-10-26 12:35 | 集会案内  

10月23日16年今日の糧

「阿蘇で稗(ひえ)を刈ってきました」

マタイによる福音書1324-30


本日の礼拝は日髙嘉彦協力牧師の宣教です。龍子牧師は小樽バプテスト教会へ宣教協力に行っております。現在牧師がおられない小樽バプテスト教会へは道内の牧師達が宣教協力しています。

 熊本・大分地震から半年経った本日の宣教は、協力牧師が6月と8月熊本阿蘇を訪れたときのことを話しました。地震の疵痕はまだ深く特に農業には深刻なダメージがあること、ボランティアとしてイネの中に同時に生えてくる稗を手作業で抜いたことです。その作業は大変忍耐を強いられるものでした。この作業をしながらイエスが天の国をこのようにたとえられたことを思い出したのです。

【新共同訳】

マタイ13:24 イエスは、別のたとえを持ち出して言われた。「天の国は次のようにたとえられる。ある人が良い種を畑に蒔いた。

13:30 刈り入れまで、両方とも育つままにしておきなさい。刈り入れの時、「まず毒麦を集め、焼くために束にし、麦の方は集めて倉に入れなさい」と、刈り取る者に言いつけよう。』」

  ここに簡単に伝えられているその作業こそ、真の天の国が現れるための大変な忍耐がいる作業であり、信仰の友と一緒に汗を流し、腰を屈めて働きながら、神の国と相反するものを取り除いてゆくことを示している。そのような譬ではないでしょうか。今も教会はその作業を行っています。

d0224356_14413807.jpg

d0224356_14405649.jpg


                         稗取り作業とイネの中の稗

                                
d0224356_14435274.jpg


                              



[PR]

by hiraoka-joyful | 2016-10-23 14:46 | トピックス  

工事がほぼ終わりました。

昨日15日に教会にかけてあった足場が撤去され、工事がほぼ終わりました。
礼拝後皆さんで教会の周りを回り
ジョイフルガーデンで感謝の祈りを捧げました。
会堂がとても美しくなりました。
ハレルヤ
             
d0224356_18172117.jpg
d0224356_18203980.jpg
秋晴れの中
d0224356_18175981.jpg
玄関で写真


[PR]

by hiraoka-joyful | 2016-10-16 18:21 | トピックス  

10月16日16年今日の糧

名残惜しいけど、またね

テサロニケ手紙1 52528

パウロは日々多くの時間兄弟姉妹を覚えて祈り続けました。そして兄弟姉妹にも祈ってほしいと伝えます。

1)祈りにおいて、私達は共に父なる神へ呼びかけ、イエス・キリストの名によって全ての祈りを、委ねます

祈りにおいては、教える者教えられる者、育てる者育てられる者、導く者導かれる者そのような関係は全くありません。

幼子の祈り、クリスチャンになったばかりの者の祈り、いえまだ主イエスを公に告白できず、バプテスマを受けていない者の祈りですら、父なる神に呼びかけ、イエス・キリストの名によって祈られる、ひと言ひと言が尊いのです。祈りは様々な神の国の働きを実現するからです。パウロは何よりもそのことを知っていました。彼は日々、この兄弟姉妹の祈りに支えられ厳しい伝道生活を乗り越えていたからです。

2)平和の神は互いの祈りの中にこそ生きて働かれる。

ですからイエス・キリストに結ばれた兄弟姉妹の祈りは響き合うのです

イエス・キリストもそのことをはっきりと伝えています。

マタイ18:19 また、はっきり言っておくが、どんな願い事であれ、あなたがたのうち二人が地上で心を一つにして求めるなら、わたしの天の父はそれをかなえてくださる。

18:20 二人または三人がわたしの名によって集まるところには、わたしもその中にいるのである。」

 テサロニケとコリントは札幌と秋田ほど離れています。それでも心を一つにして、イエスキリストの名前によって祈るならばそこにイエスがいて下さる。どのようなサタンの妨げもこの祈りに介入できない。パウロはそう信じているのです。


d0224356_18095264.jpg
d0224356_18103929.jpg


[PR]

by hiraoka-joyful | 2016-10-16 18:13 | トピックス  

10月9日16年今日の糧

平和の神が本気をだせば

テサロニケ手紙Ⅰ5章23-24

パウロは平和そのものである神の本質がキリスト者の群れを助け続けて下さる。そう信じていたのです。パウロ達の信頼は、神が「あなたがたをお招きになった方」であること。その神は自分を決して偽らない真実アーメンだけの方であることに基づいています。

今この教会に連なる者たちは、この嘘偽りがない平和の神に招かれた者たちです。私たちが父なる神を、イエス・キリストを信じているのは、神が私たちを選び、招いて下さったことから始まっており、そこにこそ根拠があります。なんとなく、仕方なく来ている人は一人もいないのです。パウロはそのことを、繰り返し語ってきました。

1:4神に愛されている兄弟たち、あなたがたが神から選ばれたことを、わたしたちは知っています。

2:12呼びかけて、神の御心にそって歩むように励まし、慰め、強く勧めたのでした。御自身の国と栄光にあずからせようと、神はあなたがたを招いておられます。

4:7神がわたしたちを招かれたのは、汚れた生き方ではなく、聖なる生活をさせるためです。

5:10主は、わたしたちのために死なれましたが、それは、わたしたちが、目覚めていても眠っていても、主と共に生きるようになるためです。

平和の神が、私たちを愛によって選び、招き、救いへと定めて下さったという信仰がこの手紙を貫いています。それこそが、平和の神が与える恵みです。

d0224356_13404536.jpg
d0224356_13411429.jpg

修築塗り工事が進んでいます。十字架塔看板部分や 玄関部分も変わりました。

                 来週はベールを脱ぎますお楽しみに。


           

d0224356_13430081.jpg


[PR]

by hiraoka-joyful | 2016-10-09 13:47 | トピックス  

10月2日16年今日の糧


喜び、感謝は神への祈りから

テサロニケ手紙Ⅰ51622


5:16 いつも喜んでいなさい。d0224356_16115336.jpg

5:17 絶えず祈りなさい。

5:18 どんなことにも感謝しなさい。      

この言葉は根源的なキリスト者のあり方を伝えています。これが神の意志によるものだからです。真実な神を知らずに生きてきた者に、イエス・キリストを与えてくださった神が、

たった一つ、私たちにたった一つ望んでいることは、山のような犠牲を捧げることでもなく、荘厳な神殿を造ることでもありません。どのような状況の中でも私達の側近くおられる神に祈り、その中で喜びを見つけ、それを感謝することです。

  そしてとても大切な事は、それが真実な神の意志だから、真実な神はキリスト者が喜べるように、祈れるように、感謝できるように常に助けてくださるのです。それが、イエス・キリストが約束してくださり、キリスト者の群れに注がれた聖霊です。また教会に与えられた言葉、聖書です。

聖霊と聖書は私たちが語る言葉に働き、選び取らせています。

 

それは平和をもたらしているか、争いや暴力を生み出しているか。

それは他者を生かすために語られるか、自分のために語られるか

それは慰めに満ちているか、それは中傷を生み出すか

それは希望を指し示すか、それは絶望を引き起こすか

それは、イエス・キリストを思って語る言葉か

それは、自分を思って語る言葉か

                     

 

d0224356_16102966.jpg


[PR]

by hiraoka-joyful | 2016-10-02 16:15 | トピックス