<   2016年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 

12月25日16年今日の糧

クリスマスに平和を祈る

マタイによる福音書 第2章1−12節

 「なぜクリスマスにプレゼントをするのでしょうか」、その理由は今から二千年前の世界で最初のクリスマス、イエス・キリストが誕生した日にさかのぼります。「博士達の訪問」という物語に由来しています。この東方から来た人々は、今まで聖書を読んだこともありませんでした。彼等には星を見つめる洞察力と、多くのデーターに基づいて分析する力、地理や歴史に造詣が深く、その上真実を知るための行動力があったのです。博士としての素質を十分備えている者達でした。彼等がひとたび聖書の言葉に触れた時、もう迷いはありませんでした。そのような彼等に当方で見た星がまるで道案内のように進んでゆきます。

 そしてやっとその場所に着いて、家に入ります。その時彼等は見たのです。一人の幼子がその母と一緒にいる姿を。貧しい少女のような母、そしてちいさな赤子。でも彼等には分かりました。このことを、聖書は伝えていたのだと。

 かれらはそれを確信し、この見ず知らずの赤ん坊の前にひれ伏します。そして感謝一杯に神を礼拝します。それから王に捧げるために用意してきた贈り物を差し出します。

  けれどクリスマスに私達が本当に見つめるのは、博士達が差し出したプレゼントではありません。プレゼントを差し出されたイエスの姿です。この赤ん坊はなぜこの世界に生まれたのでしょうか。それはこの世界と私たち人間を創り、世界に神の平和が満ちることをいつも願い続けている神の愛を顕すためでした。

 黄金よりも人々の前で輝く方。没薬よりも人々を癒す方。乳香よりも人々の心に安らぎを与える方が、クリスマスのこの日に真実な神から私達に贈られたのです

d0224356_15185196.jpg
d0224356_15205293.jpg

クリスマス愛餐会です。


 


[PR]

by hiraoka-joyful | 2016-12-25 15:22 | トピックス  

平岡ジョイフルチャペル集会案内

集会案内

《日曜日》
朝10時半 主日礼拝
11時半   聖書の学び(珈琲タイム
昼食あります。大人200円 子ども100円
《水曜日》
朝10時半 聖書と祈りの時間

第4週金曜日》
朝10時半 ちいさな子どもが自由に遊ぶ時間

お茶菓子を食べながら、ママ達はおしゃべり
初めての方もお気軽にどうぞ!

004-0803
北海道札幌市清田区里塚3条1丁目7−5
Tel
Fax011-883-6116

平岡ジョイフルチャペル

d0224356_07105540.jpg

              


[PR]

by hiraoka-joyful | 2016-12-22 07:12 | 教会案内  

12月18日16年今日の糧

壁を取りはらったら

エフェソの信徒への手紙 2:11-22

d0224356_16264478.jpg

人と人との敵対心、反目それを全く新しい事柄に変えていく方はだれでしょう。それはイエス・キリストです。イエス・キリストはお互いの違いが許せずに火花が散っている憎しみや争いの直中に、自分の肉体を投げ出し、血を流し、命をかけて隔ての壁を激しく破壊し続けた方です。イエス・キリストの十字架は神との和解を実現させ、人々の中にある敵意を滅ぼしました。そして一人一人に大きな転換をもたらすのです。それは違いによる争いが多かった初期の教会の中にも起きていました。

1)ユダヤ人キリスト者が体験した大きな転換

イエスは神の愛や憐れみが失われ、守るためだけの律法を廃棄して、新しい戒め、愛と憐れみに生きる道標をもう一度立て直した方です。

 そのことに目覚めたユダヤ人キリスト者は、聖書を探求し聖書に書かれている真の神の約束が、イエス・キリストによって実現したことを知り、そのことを伝え書き表していったのです。私達が今読んでいる新約聖書の多くの言葉は、そのような人々が残した記録です。

2)異邦人キリスト者が体験した大きな転換。

いままで聖書も知らず、真の神も知らなかった地域に住む人々の中に、イエス・キリストという天の平和が与えられました。その時、彼等はたとえ聖書の知識が乏しくても、伝道者を助け、富を捧げ、礼拝する場を提供し、様々な経験を生かして、イエス・キリストの福音が広がってゆくことに参与し続けました。そうやってイエス・キリストの福音は世界中に届けられ続けて来ました。そうやってこの北海道にも、ここにいる私達にもイエス・キリストの福音が届いたのです。


d0224356_16281928.png

d0224356_16252828.jpg




[PR]

by hiraoka-joyful | 2016-12-18 16:30 | トピックス | Comments(0)  

2016年 クリスマス礼拝のお知らせ

d0224356_08120608.jpg
24日(土)イブ礼拝は キャンドルサービスです。
特別な晩餐式があります。
25日(日)礼拝の後に、クリスマスランチがあります。
教会のクリスマスは特別に嬉しい時です。
お出でをお待ちしています。


d0224356_15081722.png



[PR]

by hiraoka-joyful | 2016-12-18 08:18 | トピックス  

12月11日16年今日の糧

幸いになりたいなら

マタイによる福音書 5:9



神の独り子イエスがクリスマスにこの世界に生まれたのは、私たちと神様との間に平和を実現して下さるためでした。神が造られた人は、神の前に自分を偽った時から、真の神と心が通じ合わなくなってしまいます。その時から、人にとって真の神は自分の偽りを暴く者、自分の自由を奪い、束縛する者となったのです。

そのような私達一人一人が持っている死の陰が覆う部分、誰にも明け渡したくない場所にもイエスは光となって届いてゆく方です。その光に導かれ、悔い改め、神の方向に向き直り生きる。それは、自分が覆い隠したいこと全てにも、神の配慮や慰めや、そこから立ち直るために助けがあることを信じて、委ねてゆく事なのです。

自分を偽らなくても、大きく見せなくても良い。 苦しんでいるのに顔に出さないようにしなくても良い。 大声で叫びたいのに、黙らなくても良い。 涙をこぼしそうなのに歯を食いしばらなくても良い。 

神の愛に受け入れられていることを、信じる者となることです。

そして平和の君、イエス・キリストに出会った一人一人は、イエスを知らなかった時に勝手に使った口や唇をどのように用いているかまず、心がけます。それが平和をつくり出す最初の一歩であり、生涯かけて吟味することです。

平和を立てあげる人々と共に、イエス・キリストは歩み続けています。それはイエスと共に私達がつくりだしてゆく平和の光景です。その一つ一つの言葉、行いにイエスは幸いだと声をかけ続けておられるのです


d0224356_13544048.jpg
雪の中、主の守り共に、礼拝に


d0224356_13543135.jpg
                   昼食を、みんなの笑顔が、囲んでる


[PR]

by hiraoka-joyful | 2016-12-11 14:03 | トピックス  

ジョイフルチャペルで賛美しよう(歌)

ジョイフルチャペルで賛美しよう

『大きなの木の下で』のメロディーで


ジョイフルチャペルのクリスマス

あなたとわたし 仲良く賛美しょう

(てん)平和(へいわ)()平和(へいわ)

  (2繰り返(くりかえ)す)


d0224356_15034124.jpg

              

d0224356_15081722.png
クリスマスまでの礼拝
11日(日)アドべント第3週
18日(日)アドべント第4週
24日(土)午後7時燭火礼拝
25日(日)クリスマス礼拝


[PR]

by hiraoka-joyful | 2016-12-07 15:15 | うた  

12月4日16年今日の糧

ロバに揺られて

ルカによる福音書 19:28-40

 キリスト者は大切な役割を与えられています。イエス・キリストがこの地上に到来して下さったこと、そして再び到来してくださることを信じて週ごとに集まり、私達に与えられた平和を確認し、神を高らかに賛美します。そして苦しみや悩み、弱さや乏しさの中にいる人々へ、平和の主イエスと生きる道を伝えに出かけてゆくのです。

その声を止めようとする声もまた私達の周りに常に起こります。 例えば非核三原則は有名無実となっているから、日本も核武装をするのは仕方ないという声があります。しかし日本が長崎や、広島や福島の惨状を体験したことを忘れない一人一人はそれに対して叫び続けています。 今年の4月、私はタイの神学生や先生と一緒に広島に行き、原爆ドームや広島平和記念資料館を訪れ被爆経験のある広島教会のかたから証を聞きました。

 一人の老婦人は未だに残るケロイドの後を私達に触らせて下さり、自分が71年前に受けた小学校一年の時の被爆体験を事細かく語って下さいました。実は彼女は、自分が被爆したことを人に伝えたくないと、ずっと思っていました。身体に残ったケロイドを見る度に「なぜ私が、、。」という苦しみにさいなまれ、8月6日の平和記念式典にはテレビでその様子を見ることすらしなかったそうです。しかしあるときから、人類が経験した恐ろしい被爆体験を、恐ろしい戦争の現実を、もし自分が口をつぐんで後世に伝えなければ、石が叫び出すと思わされ、語り部として今は証続けています。

 私達もまた路傍の石のようにちいさな存在かもしれません。けれど私達は知っています。イエス・キリストは、全ての人の苦しみの涙をぬぐう方であると。天の平和と地の平和を繋ぎ続けている方であると。ですから黙らずに、この地上に生まれ、再び来て下さる方を賛美し続けているのです。


                             

d0224356_13490508.jpg

d0224356_13475858.jpg


[PR]

by hiraoka-joyful | 2016-12-04 13:50 | トピックス