8月6日17年今日の糧

箱舟に入る条件は

創世記689節〜22

この記事が書かれたのはイスラエルの人々が民族存亡の危機に陥っていった時代でした。ノアの物語はユダ王国の滅亡という大惨事の後に、敵地で捕虜として生きている人々へのメッセージがあるのです。

それは、その前の戦争で、人々の心に人間としての尊厳を失わせることが起こったからです。エルサレムが陥落する前、人々は兵糧攻めに遭い、飢餓の中で、骨と皮になりました。精神を病んだ母親が我が子を鍋で煮たと聖書の他の箇所には書かれています。人々の絶望は深かったのです。

ノアの物語を聖書に記したのは、その時人々の苦しみを一番見つめ続けた祭司達だと言われています。彼等も又異国で捕虜とされていました。しかも彼等はバビロンに負けた神に仕えた一番役に立たない者達として取り扱われ、軽んじられていました。彼等は自分達の国が滅亡し、神殿をより所としていた人々に神の姿が見えなくなりそうになるところで、異国の人々に神が笑われている屈辱に耐えながら、なおもそこで、真実な神の思い、神の慰めを見出そうとしたのです。

そして彼等はその悲惨な出来事の中に神の介在を見出します。罪を徹底的に思い知る期間が大切なこと。そしてその裁きの時が過ぎたとき、新しい契約という希望が与えられること。それを記しました。

このことを信じて、主なる神に希を置いて、今の苦しみに耐えてゆく。それが、このノアの物語が伝えるメッセージです。

d0224356_13533316.jpg

聖書では、箱舟に乗るように促された者は家族達でした。しかも鳥、動物など生きとしいける全てのものが、家族の一員のように箱舟に招かれています。今世界と地球を大きな家族として、再構築しなければ、この人間世界はやがて限界を迎えると長く言われてきました。聖書は2600年も前にそれを明記しているのです。ノアの物語はこの世界に、この時代に、言い知れぬ不安を持つものへのメッセージです。争いの種を内に持つ自分に嫌気がさし、苦しむ者へのメッセージです。様々に虐げられているもの、将来に絶望している者へのメッセージです。そしてキリスト教会はこのメッセージを伝え続ける現在の箱舟としてこの地上に立ち続けています。

あなたが箱舟(神の救い)に入る条件は、主なる神が慈しみを持ってあなたを見ている。あなたの人生に関わり続けている。その恵み見つめること。それだけ。教会はそのことを伝え続けています。

d0224356_13534361.jpg
みかんは鹿児島からです。


[PR]

# by hiraoka-joyful | 2017-08-06 13:55 | トピックス  

2017年ジョイフルサマークラブ

85日(土)

青葉台キリスト教会チーム、リブングホープ教会チームの皆様方の奉仕により

当教会でジョイフルサマークラブが行われました。

子どもも大人も楽しいゲームや、歌とダンスをたのしみました。

お昼は皆で焼きそばを食べ、横浜のシュウマイを頂きました。


d0224356_15240465.jpg
d0224356_15241684.jpg
みんなで賛美
d0224356_15235440.jpg
d0224356_15242585.jpg
                    焼きそば作りの様子


[PR]

# by hiraoka-joyful | 2017-08-05 15:29 | トピックス  

ジョイフルサマークラブのお知らせ 8月5日

今年もサマークラブがあります。
お出かけになりませんか?
d0224356_11225235.jpg

[PR]

# by hiraoka-joyful | 2017-08-01 11:25 | 集会案内  

7月30日17年今日の糧

今日の賛美礼拝は大麻ベーネ・カルテットの皆様が奉仕されました。

賛美歌アヴェベルムコルプスが、前奏として流れ、

「いつくしみ深き」「主よ 御もとに近づかん」が演奏されました。

d0224356_14055534.jpg


創世記3章20節〜4章1節

「ともに生きよ、と主は言われる」

障害者支援施設「神奈川県立津久井やまゆり園」で悲惨で、心痛む出来事

が一年前にありました。大久保兄はそのことを深く心に留め続けたこの一年の間、

自身がキリスト者として願ったとこ、

聖書を読んで大事にしてゆきたいと決心している事を伝えてくださいました。d0224356_14140535.jpg



お昼は皆様と音楽の話しに花が咲きました。

                   

d0224356_14060957.jpg

                 おしゃべりも栄養になります。


[PR]

# by hiraoka-joyful | 2017-07-30 14:15 | トピックス  

賛美礼拝(7月30日)のおしらせ

明日は賛美礼拝です。

特別賛美に大麻ベーネ・カルテットの皆様が奉仕されます。

また宣教は大久保法幸執事です。ご家族を愛し、イエス・キリストを愛し、自然を愛しておられます。北海道の山と海に精通し、版画、音楽等、様々な活動をしている方です。

                

d0224356_07032724.jpg

さて賛美礼拝の賛美とは何のことでしょう。

なぜ教会では賛美をするのでしょう。

神さまを賛美するのは、私たちの感動をあらわすことです

天地を創造された真実な神がおられる。その神が人々を愛して、大切なひとり子をこの地上に送った。その独り子イエス・キリストが、神の愛が解らずに神から離れた人々に、神の愛を知らせるために働いた。そして人を全ての苦しみから救うために十字架にかかり、死んでくださった。しかし死んで終わるのではなく、三日の後によみがえって天にのぼられた。 そしてイエスを信じる者の住まいを神の国に整えている。

  人がイエス・キリストを信じると、 その人はいままでの「生活」の意味が変わる。神の国に生きる民。日々の生活で神を信じ、人を赦すことを学ぶ。聖書を通して神を愛し、人を愛することを学ぶ民となる。そして、その生活の中でイエスさまがいつもそばにおられることを知る。神さまからの無条件の愛があふれんばかりに備えられていることに気がつく。

その時、私たちは賛美します。神さまをほめたたえます。

その時、誰かが歌う賛美の声が、私たちを慰めます。

その時、賛美によって生きる力が生まれます。

明日、教会でご一緒に賛美しましょう


[PR]

# by hiraoka-joyful | 2017-07-29 07:10 | 集会案内