3月25日18年今日の糧

信仰告白をした人

マルコ15章33~47節


イエス・キリストの十字架を見つめた人達の姿が記されています。

1)百人隊長

彼はイエスの処刑を執行する責任者でした。じっとその死刑の様子を見ていました。そして彼の目の前でイエスが息を吐き出し、死んでゆきました。すると百人隊長の口から、彼が今まで考えもしなかった言葉が生まれます。なぜなら、彼のところにもイエスが吐き出した神の愛が届いたからです。この百人隊長は聖書も読んだ事もない、神殿で礼拝したこともない、何十回と人の死を見ていた人です。どんなに残酷な十字架刑を見ても、彼の心は冷静でした。その人がイエスの十字架をじっと見つめ続けたとき、イエスが吐きかけた聖霊が彼に伝えたのです。

「本当に、この人は神の子だった」

 彼はこの事を教会の中で多くの人々に証し続け、その証が福音書に書かれています。

2)アリマタヤのヨセフ

 ヨセフはイエスを有罪に定めた最高法院の議員でした。彼もイエスの十字架の側に来ていました。最初は救い主を語る罪人が処刑されるのを確かめるためだったかもしれません。ヨセフもまたイエスの十字架をじっと見つめ続けていました。すると彼は今まで考えもしなかった行動をおこします。勇気を出してピラトのところへ行き、イエスの遺体を渡してくれるようにと願い出た。

 自分が死刑にと定めた人が死刑囚の遺体を引き取る。それはそれまでのヨセフ議員にはありえないことです。しかしイエスが息を吐き出した瞬間、彼の元に届いた聖霊が彼にイエスを埋葬するように促すのです。ヨセフは東奔西走し、イエスを埋葬します。彼のこの行動も又百人隊長と同様、イエスこそ神の国を開いた方だと告白していたのです。

イエスが葬られたことは、教会の信仰においても大切なこととして告白され続けました。イエス・キリストの救いは、私たちの苦しみの表面を掬い取ることではありません。墓に下る底ざらいの救いなのです。そして教会に集う者達は、このイエスの底ざらいの救いに預かっているのです。

3)多くの女性達
ここにはイエスの十字架と埋葬を見つめた多くの女性たちの名前や姿が記されています。彼女たちもやがて教会の中でイエス・キリストの証人となるのです。彼女たちは後のキリスト教会で、イエスの愛の教えに従い、具体的に人々に仕えるものたちになってゆきます。謙遜な愛、受け入れる愛、仕える愛、ともに苦しむ愛、生み出す愛をもって、彼女たちはイエスを証したのです。


今日は奏真くんの献児式でした。幼子のために祈りました。


d0224356_13345986.png
d0224356_13303752.jpg
     次週はイースター礼拝です。共にイエスの復活を喜び感謝しましょう。


[PR]

by hiraoka-joyful | 2018-03-25 13:37 | トピックス  

<< 4月1日18年イースター今日の糧 3月18日18年今日の糧 >>