6月3日18年今日の糧

イエス・キリストのマーチ

コリント第二の手紙2章14−17節

パウロは、私達は「キリストの勝利の行進」の中を歩ませられていると言います。

勝利の行進、それはローマ帝国の中でしばしば見られた光景でした。パウロもまたその光景を見たことがあったのでしょう。その時彼はこの光景の中に幻を見ます。

1) キリストが弱く不安におののくパウロを包んでいる。弱いものがキリストの中にいることを。

2) キリストの中でいつの間にか、コリントの兄弟姉妹もまた凱旋のパレードの中を歩いて、

   自分達を人々が見つめていること。

しかもわたしたちはイエス・キリストに降参して捕虜となったのです。パウロはその捕虜のことを、救われた者と呼びます。

当時の凱旋将軍の勝利の行進には、ひとつの行事がありました。それは、凱旋時ににおいの良い香りを振りまくということでした。パウロは、神様は「わたしたちを通じて至るところに、キリストを知るという知識の香りを漂わせてくださいます。」と言います。わたしたちからイエスの香りがするのは、香りがうつってしまうほどイエスが近くにいるからです。

イエス・キリストの勝利の凱旋で、イエスはどこにいるでしょう。イエス・キリストは勝者であるのに、私達と共に軛を負いながら歩いておられるのです。

マタ11:28 疲れた者、重荷を負う者は、だれでもわたしのもとに来なさい。休ませてあげよう。 11:29 わたしは柔和で謙遜な者だから、わたしの軛を負い、わたしに学びなさい。そうすれば、あなたがたは安らぎを得られる。11:30 わたしの軛は負いやすく、わたしの荷は軽いからである。」

イエス・キリストに救われ教会に集う者達は、イエスに降参した人々です。そして自分が弱いものであると知っています。しかし私達がどのように弱くても、イエス・キリストは弱い人間の呻き声に歩調を合わせ共に呻きながら、さらに私達の重荷を自分の肩へ担う方なのです。そして共に歩んで下さるイエスから放たれる香りが、私達にも染みつくのです。

                 

d0224356_13244856.jpg
       教会のすずらんも香っています
d0224356_13251184.jpg
     今日は冷たいお素麺でした。


[PR]

by hiraoka-joyful | 2018-06-03 13:28 | トピックス  

<< 6月10日18年今日の糧 5月27日18年今日の糧 >>