12月9日18年今日の糧

喜びと希望に向かって

~プリスキラとアキラ~

使徒言行録1824節から28

今日アドべント第二主日の礼拝宣教は、三ツ木芳夫師でした。

三ツ木さんとお連れ合いの朋代さんは昨年大きな決心をして

カナダのバンクバーにあるリッチモンドバプテスト教会のお手伝いのためにカナダでの生活を始められました。

リッチモンドバプテスト教会は英語や中国語の集会がありますが、カナダ在住の日本人のために日本語で聖書を読む時間も持っています。お二人はその集会に集っておられる様々な事情を抱えた方達に寄り添う決心をしてカナダに行かれました。

 お二人は札幌に家族もおられ、自宅もあります。カナダでの生活は何にせよ一から始めなければならないし、不自由な事も多いのです。しかしその日々の中にいつも共にいてくださるイエス・キリストを信頼して過ごしておられます。そんなお二人の姿に、集会に集う方々は励まされているのです。

 今日は使徒言行録に出てくる夫婦プリスキラとアキラの事を通して語って下さいました。

使徒 18:24 さて、アレクサンドリア生まれのユダヤ人で、聖書に詳しいアポロという雄弁家が、エフェソに来た。

18:25 彼は主の道を受け入れており、イエスのことについて熱心に語り、正確に教えていたが、ヨハネの洗礼しか知らなかった。

18:26 このアポロが会堂で大胆に教え始めた。これを聞いたプリスキラとアキラは、彼を招いて、もっと正確に神の道を説明した。

プリスキラとアキラ夫婦は、当時の有名な伝道者アポロに、彼が最も知らなければならない、イエス・キリストの恵について正確に語っています。伝道者ではない、けれど人をもてなし聖書の事を語る者になる。そのような生き方を、お二人は晩年の生き方として選び取りました。そしてそのことがお二人に、喜びと希望を見つめる生活を与えているのです。

d0224356_13572386.jpg

カナダ リッチモンドの地図
d0224356_16204150.jpg

蜜柑リンゴパンもありました。


by hiraoka-joyful | 2018-12-09 14:00 | トピックス | Comments(0)  

<< 12月16日18年今日の糧 12月2日18年今日の糧 >>