人気ブログランキング |

12月15日19年 今日の糧

宣教:「たがわず羊飼いへの報せ」
宣教者:大久保法幸執事
聖書箇所:ルカによる福音書 2章8~20節



キリスト生誕について、マタイとルカの記述を比較してみます。
例えば、マタイでは誰にでも目にとまる「星」によって報せが告げられたのに対し、ルカでは天使が羊飼いたちの所へ狙いを定めて現れました。ルカ福音書では一貫して、貧しい人々、虐げられた人々にスポットをあてるのです。

前段、ローマ帝国の勅令による「人口調査」が出て来ることが暗示的なのですが、ルカ福音書は誰ひとり「神の人口調査」からもれていない、いやむしろ、ここに神の「偏愛」というものを見ることができます。ルカ福音書だけに取り上げられた、ザアカイ、放蕩息子などの譬えが典型です。
ルカが伝えるのは誰も、どんな人でも、ひとりひとりを漏らさず「あなたも」ではない、「あなたこそ」神様に愛されている、そこから始まります。

そして、あなたが神に特別愛されているように、実に、あの人も、この人も神様に愛されている。それを識る人々に、すなわち「御心にかなう人」に平和が、平安がある。それが実る地の上で、天上で神の栄光が示されます。

※この場をお借りして、12月4日、アフガニスタン、ジャララバードで医療活動のみならず、荒地の国土回復など尊いお仕事に文字通り、粉骨砕身、身を捧げていた医師 中村哲兄弟が殺害されました。彼は福岡市出身のバプテスト、クリスチャンであり、彼の座右の銘はキリスト誕生を天使が述べる「神がともにおられる(マタイ1:23)」でした。クリスマスを目前に全く理不尽なことから、残虐な行為によって、かけがえのない尊い命を失いました。満身の悲しみを表明します。天に召された彼の命を決して忘れず、無駄にしないことを遺された者たちの使命としたい。

12月15日19年 今日の糧_d0224356_13381518.jpg
来週12/22(日)の宣教予定者は三上章先生です。

2019ジョイフルクリスマス
12/22(日)10:30~ クリスマス礼拝
12/24(火)18:00~ クリスマスイヴ礼拝



by hiraoka-joyful | 2019-12-15 13:40 | トピックス  

<< 12月22日19年 今日の糧 12月8日19年 今日の糧 >>