人気ブログランキング |

12月22日19年 今日の糧

宣教:「マルコ福音書のイエス (9)~クリスマスの光源」
宣教者:三上章先生
聖書箇所:マルコによる福音書 1章35~39節

クリスマスイルミネーションの美しい光輝きは,ヨハネ福音書のイエスにさかのぼる。そこではイエスは世の暗闇を照らす光である。さらにそれは,マタイ福音書における星の光に照らされた家畜小屋に安らかに眠る赤ちゃんのイエスにさかのぼる。そしてそれは,ルカ福音書の主の栄光の輝きにつつまれたイエスでもある。

さらに最古の福音書であるマルコ福音書にまでさかのぼらなければならない。
そこには赤ちゃんのイエスはいない。大人のイエスからはじまる。洗礼者ヨハネのもとで修行したイエスは,やがて独自の運動を展開する。病気で困っている人たちを温かい心で介護し,その家族・友人を精力的に支援した。休むひまがないほど愛の実践に没頭していた。そのままでは燃え尽き症候群的状態に陥ってしまう。

イエスは,自己管理する術を心得ていた。それを示すのが35節の言葉である。原文のとおりに訳してみる。
「そして(イエスは)非常に早く(なお)暗いときに起きて,(家から)出て,ひとけのない場所に赴いた。そしてそこで祈り続けた。」

イエスは何を祈ったであろうか。だれのために祈ったであろうか。私のような者のためにも祈ってくださったと,私は確信している。
それを思うと,とても歌いたくなる讃美歌がある。In the Garden(新聖歌197番)である。

The Garden とは,イエスが祈ったひとけのない場所。
それはこんにちどこに見つけることができるか。そこかしこではなく,ほかでもなく私の心がその場所である。そこに赴くとき,私が見つけるのは,クリスマスに合わせていうならば,赤ちゃんのイエスである。私の小さな心には相応の大きさである。イエスが眠るその飼い葉桶のある家畜小屋,それは私の心である。マゴス(東方の博士)たちが高価で心づくしのプレゼントをささげた家畜小屋,それは私の心である。私もマゴスたちにならって,イエスに心づくしのプレゼントをささげなければならない。

12月22日19年 今日の糧_d0224356_13052722.jpg
来週12/29(日)は賛美礼拝です。

2019ジョイフルクリスマス
12/24(火)18:00~ クリスマスイヴ礼拝

by hiraoka-joyful | 2019-12-22 13:06 | トピックス  

<< 12月29日19年(賛美礼拝... 12月15日19年 今日の糧 >>