人気ブログランキング |

2020年1月19日「和解・平和への導き」

宣教:「和解・平和への導き」
宣教者:金子弘先生
聖書箇所:マタイによる福音書 5章43~44節
     コリントの信徒への手紙 二 5章17~21節

教会という場で初めて耳にした聖書の箇所がマタイ5章43~44節で、イエスの言葉に物凄い衝撃を受けました。自分の生い立ち、戦時下の貧困からして、愛や憐れみなど全然なく、自分以外は敵ばかりだった者にとって、詭弁、理想、空想 、夢物語でしかないと逃げたい思いでした。その一方で何やら言葉に表せない不思議さを感じさせられ、それ以来、聖書と向き合ってくる中で、イエスの平和的和解に興味を持ち、それが生涯課題の一つになりました。

サンスクリット語に『アヒンサー』という言葉があるのを、原発課題に取り組んでいる方から聞きました。「命あるものを傷つけない」という意味だそうです。何億万年というスパンで起こる自然界の呻きと災害、絶え間ない闘争、上に立つ者の不義不正の世にあって、「いのち」「こころ」「人格」「存在」「弱い立場にさせられた人々」が、何と安っぽく、軽視され、疎外されていることでしょうか。

そのような中でのイエスの平和的和解の「ことば」とその「生き方」は、何がどうあれ「いのち」にかかわり、また「永遠のいのち」に繋げられる信仰指針ではないかと思い、非常な困難さがありますが、さらに、イエスの深遠なことばに向き合い、実践できればと願っているのです。

2020年1月19日「和解・平和への導き」_d0224356_12532332.jpg
来週1/26(日)の宣教予定者は三上章先生です。

by hiraoka-joyful | 2020-01-19 12:53 | トピックス  

<< 2020年1月26日「マルコ福... 2020年1月12日「マルコ福... >>