人気ブログランキング |

2020年1月26日「マルコ福音書のイエス (11)~「信頼」の構造」

宣教:「マルコ福音書のイエス (11)~「信頼」の構造」
宣教者:三上章先生
聖書箇所:マルコによる福音書 2章1~5節

1節に「日々の後」とあるが,おそらく数日間であろう。これらの日々については,イエスが何をしていたかは書かれていない。おそらく特筆すべき活動は行わず,骨休めをしていたと思われる。イエスにも休息は必要であった。休む必要がある時は,休んでよい。

2節に,押し寄せた大勢の人々にイエスは,「その言葉」(ホ・ロゴス)を語ったとある。それは温かい心から出てきた温かい言葉であろう。イエスという人は,お地蔵さんのような人だと思う。地蔵菩薩は,あの「賽の河原」の仏教説話と関係がある。親に先立って亡くなった小さい子どもが,この河原で母親や父親をいとおしみ,小石を積んで塔を作ろうとするが,石を積むとすぐに鬼がきてこわしてしまう。
この説話は昔から「地蔵和讃」として庶民のあいだで歌い伝えられてきた。「お母さん,お母さん」と泣き叫ぶ幼子を鬼は容赦なくいじめ続ける。この苦しみをどうしたらいいのだろうか。
「地蔵和讃」は次のようにいう。
 地蔵菩薩にまさるものはない。
 遥か谷間の彼方から 光り輝き尊いことに 幼子の前にお立ちくださり 
 いわれた
 もう泣かなくてもいいよ 幼子たちよ 
 おまえたちは短いいのちで 冥土の旅にきた
 生ける者の国は冥土から遠く離れている
 わたしを冥土の父母と思って過ごし 頼りなさい
 こういって 幼子を着物の裾の中にかき入れ
 まだ歩けない幼子を手に持つ杖の柄に取りつかせ
 慈しみに満ちた胸に抱きかかえて撫でさすり
 憐れみたまう なんとありがたいことか
 子どもに先立たれて悲しければ 西に向かって手を合わし祈りなさい
 残された私のいのちが終わるときには 子どもと一緒に天国に導いてください
 地蔵菩薩さま 朝に夕に仏壇に念仏を称えなさい 南無阿弥陀仏と
 ※「南無」はインドの言葉のnamasに由来し,「おまかせします」という意味。

 イエスの口から出た「その言葉」とは,なにかそのような温かいものであったと思う。 

2020年1月26日「マルコ福音書のイエス (11)~「信頼」の構造」_d0224356_13122775.jpg


来週2/2(日)の宣教予定者は三ツ木芳夫先生です。


by hiraoka-joyful | 2020-01-26 13:12 | トピックス  

<< 2020年2月2日「何と幸いな... 2020年1月19日「和解・平... >>