カテゴリ:アクセス( 3 )

 

7月1日18年今日の糧

幸せから祝福へ

創世記12章1−9節

神は信仰の父と呼ばれるアブラム(後のアブラハム)が故郷から出て行くと、約束の地を見せるとアブラムに語ります。行かなければ決してその場所は見えないのです。そしてアブラムの歴史の後約2000年後に書かれたヘブライ人への手紙には、そうして出て行った彼の信仰姿勢をこう伝えています。ヘブル11:8 信仰によって、アブラハムは、自分が財産として受け継ぐことになる土地に出て行くように召し出されると、これに服従し、行き先も知らずに出発したのです。

これは、アブラムが行き当たりばったりで、何も計画がない旅をした。それを信仰だと言っているのではないのです。アブラムの父親は既にハランで成功し、多くの財産や土地を持っていました。彼等は国の代表者とも言えるほどの立場でした。父の死後アブラムはその土地を継いで安泰に、幸せに暮らすことが出来ました。しかしそれを、アブラムは彼がまだもっていない未知の事柄、未知の場所と交換したのです。

なぜアブラハムはその様な交換、トレードをしたのでしょうか?それは今まで彼が持っていた場所(土地)を手放しても惜しくないほどのことを、アブラムに関わった神が提示したからです。

1)神の提示〜祝福になる

アブラハムに神が約束された「祝福」の約束は

1) 生きている間に見ることができないもの「大いなる国民」

2) 生きている内に実感できないこと「大いなる名前」

3) 自分が他者に「祝福」を与えるものになることでした

2)神の提示〜試金石になる

神の約束を頂いた家系につらなる人々の歩みによって、神の言葉を聞き、神に自分の事を伝え、神の祝福を願う人々が増え広がるように、神は働きかけます。

3)神の提示〜地を与える

アブラムは神が与える地を知らされます。けれど神はアブラムに決定的な事を告げます。アブラム本人は約束の地を得ることがないという宣言です。だからアブラムは次なる世代のために、祭壇を建てます。たとえ現実に見える土地がなくても、そして彼の子孫達がアドナイという神の名を呼べるようにしました。

神の言葉を聞き、約束を信じて行ったアブラムの生涯は祝福の約束は与えられていても、現実は苦しいこと、つらいことの連続でした。けれどもアブラムの旅路は、行く先々でアドナイ〜ヤーヴェという名を持つ神を礼拝する礼拝の旅路でした。いえ神がアブラムに出会ってくださる旅だったのです。

d0224356_14220441.jpg

            絵本より

d0224356_14214485.jpg
            蒸し暑いときにピリ辛麺


[PR]

by hiraoka-joyful | 2018-07-01 14:25 | アクセス  

6月1日14年協力牧師就任今日の糧

天地創造とエコ
創世記1章1-5節
創世記1章には、神が6日で世界を造ったというお話しが書かれていますが、これを前後3日ずつにわけ、それを左右対象に並べてみます。すると1日目と4日目、2日目と5日目、3日目と6日目が互いに関連し合い、補完し合う関係になっているのが見て取れます。
例えば3日目と6日目ですが、陸は人間と動物の住まいを提供し、草つまり動物と人間の食物を提供します。3日に造られたものなしに6日目は成り立たないのです。逆の言い方をすれば6日目がなければ、3日目に造られたものは意味がないわけです。2日目と5日目もおなじです。空と海もまた、空と海に生きる生物の環境を提供します。2日目と4日目の間には強い結びつき、支え支えられる関係、養い養われるという密接な関係が成り立っています。1日目と4日目の間にも同じ関係があるようです。4日目に光を放つ太陽、月、星が造られるのですが、それは1日目に造られた光と深い関係があります。4日目の光が私たちの肉の目に見える光とすれば、それは1日目の光を受けて光っているのだと言うことが出来ます。
このように聖書の語る世界観は、人間を含め造られたものは全て、それぞれの役割や働きは違うけれども、互いに支えあい補い助け合う、ちょうど家や家族(ホーム)のようなものとして描かれています。

今日は日高嘉彦協力牧師就任式でした
北星学園大学、短期大学部の チャペルクワイヤーとゴスペルサークルNSBCの
特別賛美がありました。
d0224356_13242126.jpg


d0224356_1328517.jpg

[PR]

by hiraoka-joyful | 2014-06-01 13:29 | アクセス | Comments(0)  

教会へのアクセス



最寄りの地下鉄駅は東西線大谷地駅です。

大谷地駅から教会まで
大谷地駅バスターミナルで3番乗り場からバスに乗ります。降りるのはジャスコ平岡店になります。バスは200円です。
3番乗り場には以下の三つの種類のバスが来ます。
大66 平岡ニュータウン線 イオン平岡店方面行き
大67 平岡ニュータウン線 平岡営業所方面行き
大70 平岡シュヴァービング線 平岡シュヴァービング方面行き

*大70 平岡シュヴァービング線 平岡シュヴァービング方面行きには乗らないように気をつけてください。

大66 平岡ニュータウン線 イオン平岡店方面行き
大谷地駅-平岡小学校-イオン平岡店
このように進みますので、終点のイオン平岡店で降りてください。
このバスが一番分かりやすいです。

大67 平岡ニュータウン線 平岡営業所方面行き
大谷地駅-平岡小学校-イオン平岡店-真栄-平岡営業所
このように進みますので、イオン平岡店で途中下車してください。


イオン平岡店でバスを下車します。
厚別中央通と北野通による十字路に向かいます。
十字路の北西側にイオン、北東側に薬局、南東に中古車屋さんがあります。
教会は南東に位置しています。同様に位置する平岡南小学校がありますので、小学校を目指して進むと分かりやすいでしょう。
中古車屋さんへと進みます。そしてすぐ小学校に沿った細い道に左折します。
この道に入る電柱の上に、目印として看板があります。
150mほど歩くとT字路になりますので左折します。
まもなく教会が見えてきます。

〒004-0803
北海道札幌市清田区里塚3条1丁目7-5
Tel&Fax:011-883-6116

平岡ジョイフルチャペル
[PR]

by hiraoka-joyful | 2011-03-03 00:00 | アクセス